ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画「波止場」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

1954年製作のアメリカ映画。ニューヨークの波止場を舞台にした社会派ドラマ。元ボクサーの青年テリーは波止場の組合のボスの手下として働いていたが、ある女性の出会いをきっかけに、組合の不正と暴力に立ち向かうようになっていく。第27回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞など8部門に輝いた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
スケートボードの優勝者だったキムは、母親を事故で亡くし、家計を支えるために、将来をあきらめ仕事に専念する。新しい仕事を探していると、高級別荘で住み込みのバイトを紹介される。スキーもスノーボードも経験がない主人公が、別荘を舞台に人々と交流を深め、スノーボードの世界で活躍し、幸せを手に入れる物語。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2002年5月に公開された日本映画です。 1972年2月、日本中がテレビにくぎ付けになった実際の”連合赤軍あさま山荘”をモデルに、その困難に立ち向かった警察の戦いを描いています。 警察庁・警視庁と長野県警の対立や過酷な雪と寒さとの闘い、まさに不撓不屈の日々を描いています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2005年に公開された井筒監督の映画です。京都に住む日本人の高校生と朝鮮高校の生徒による青春映画です。国籍や文化を超えても交流ができるのか、社会背景を反映した社会映画でもあります。キネマ旬報ベストテン1位、毎日映画コンクール最優秀作品賞、ブルーリボン賞作品賞を受賞しました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年アメリカの映画。監督はジェイソン・ライトマン。マーロは三人の子供を持つ母親。彼女は誰にも頼らず育児を頑張るが、ついに限界がきてナイトシッターを頼むことにする。彼女は若いが仕事は完璧だった。育児に追い詰められてたマーロは彼女のおかげで元気を取り戻していくが。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2010年公開の米中合作映画。1984年公開の映画「ベスト・キッド」のリメイク版。ウィル・スミスの息子のジェイデン・スミス(当時12歳)と、香港映画界のスター、ジャッキー・チェンが共演して話題となった作品。母親の転勤によりデトロイトから北京へと移り住んだ少年、ドレは、現地に馴染めない上に、到着して早々、他の子供たちからいじめに遭う。そんな彼を救ったのは、一見冴えない風貌の整備士でありながら、実はカンフーの達人の男・ハンだった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2006年アメリカ映画。実在するクリス・ガードナーの半生を描いた映画。主人公を演じたウィル・スミスと実子のジェイデン・スミスが息子役で初共演したことでも話題になり、第79回アカデミー賞では主演男優賞にノミネートされた。全財産をはたいて、骨密度を測る機械を買い、それで成功することを夢見ていたクリス。しかし現実はそううまくいかず、日々の生活は生きていくだけで精一杯だった。機械をの営業に出かける途中、株の仲買人が赤いオープンカーに乗って降りてくる姿を見て、自分も株の仲買人になろうと思い立つ。しかし妻のリンダは貧困のため出ていき、家賃や税金も遅延し、仲買人の養成プログラムは半年無休だという。クリスは無事、採用されるのだろうか? ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ウォール・フラワー」は同名の小説を原作とし、監督は小説の作者でもあるスティーブン・チョボスキー自身が務めています。80年代を舞台に10代の思春期の瑞々しさや、心の脆さを描いた青春映画です。「パーシー・ジャクソンとオリンポスの杖」のチャーリー・ローガン・ラーマン、「ハリーポッター」シリーズのエマ・ワトソン、「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーが出演しています。16歳の高校生のチャーリーは学校では目立たない少年、しかし変わり者だが不思議な魅力を持ったパトリックとサム兄妹と出会い、そこからチャーリーの生活は一転し色づき始める…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
前作「エリザベス」から9年、2007年公開の続編。うら若き乙女だった少女が、宗教と陰謀と恋を経て「英国と結婚」し、絶対君主として女王になったエリザベス一世。ゴールデンエイジと言われた「黄金時代」に至るまで描かれる本作では、スコットランド女王メアリー・スチュアートとの確執や別れ、豪快な海賊ローリー卿との恋を描いていく。今やスターのエディ・レッドメインが出ているのも見逃せない。主演・スタッフは前作とぼほ変わらない。ケイト・ブランシェット主演、シェカール・カプール監督。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1997年に公開されたロベルト・ベニーニ監督が、第二次世界大戦下での家族愛を描いた珠玉の名作。主人公グイドがイタリアの田舎町で美しい女性ドーラと出会い、恋をする。2人は結婚し愛息にも恵まれるが、ユダヤ人であるグイド達に戦争の影が確かに近づいていた...。カンヌ国際映画祭審査員グランプリを穫り、第71回米アカデミー賞で主演も努めたベニーニは最優秀男優賞、外国語映画賞など3部門を受賞した。アカデミー賞でのスピーチは未だに語り継がれる名シーンだ。117分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2005年製作の日本映画で、文化祭最終日での演奏を目指す、女子高生バンドの奮闘ぶりを描いた作品です。バンドメンバーの1人として韓国俳優のペ・ドゥナが出演しており、日本語の上手くない留学生を好演しています。主役の女子高生バンドの演奏は、CD化もされました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2008年9月公開の日本映画。 東京でチェロ奏者として暮らしていた男が失業し、故郷・山形に戻った。 仕事を探す彼の目に留まったの「旅のお手伝い」という求人広告。 高給保障という文字に惹かれてその会社を訪ねてみると、それは”納棺師”という未知のお仕事だったのです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2002年公開の日本映画です。 世界のビデオの標準となったVHSの開発を、一人のエンジニアの姿を通して描いています。 日本ビクター、ソニー、松下電器など、当時の会社名がリアルに登場し、まるでNHKの”プロジェクトX”を見ているかのような、胸の熱くなる物語です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ぼくらの7日間戦争の紹介:2019年公開の日本アニメーション映画。実写映画化もされた宗田理の同名ベストセラー小説を、アニメーション映画化した青春群像劇。舞台を2020年の北海道に移し、新たな“7日間戦争”が描かれる。主人公の守役で北村匠海が、彼が想いを寄せる幼なじみ・綾役で芳根京子が声優として参加。さらに宮沢りえが、実写映画版で自身が演じた中山ひとみの声を担当し、31年ぶりに作品に登場する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×