ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたことの紹介:2008年製作のアメリカ映画。 子育ての予行演習のつもりで犬を飼い始めた新婚夫婦と、ラブラドール・レトリバーの愛ときずなを描く感動作。愛犬との生活を通し、結婚生活をめぐる普遍的な悩みや問題を描き出したベストセラー・エッセーを映画化。監督は『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル。主人公夫婦を『ダージリン急行』のオーウェン・ウィルソンと「フレンズ」のジェニファー・アニストンが演じている。泣いて笑って、最後は温かい気持ちになれる一作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
花と蛇 白衣縄奴隷の紹介:1986年製作の日本映画。知人の紹介で訪ねた歯科医に麻酔をかけられ、SMの調教を受けるOLの姿を描く団鬼六の原作の映画化で、脚本は「花と蛇 飼育篇」の 掛札昌裕、監督は「団鬼六 蛇と鞭」の西村昭五郎、撮影も同作の野田悌男がそれぞれ担当。シリーズ第4弾。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
花と蛇 地獄篇の紹介:1985年製作の日本映画。仲の悪かった継母と娘がある事件に巻き込まれ、それぞれが持っていた生まれついてのマゾヒスト、サディストの血を自覚、秘かな楽しみで結ばれるまでを描く。団鬼六の小説の映画化(昭和49年に谷ナオミ主演で映画化されている)で、脚本は「丸茂ジュンの痴女伝説」の桂千穂、監督は「宇能鴻一郎の桃さぐり」の西村昭五郎、撮影も同作の山崎善弘がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
花と蛇(1974年)の紹介:1974年製作の日本映画。SM作家・団鬼六の同名小説を映画化したもので、性倒錯の妖しい世界のアブノーマルな世界を描く。脚本は「実録エロ事師たち・巡業花電車」の田中陽造、監督は「ロスト・ラブ/あぶら地獄」の小沼勝、撮影は「巡業花電車」の小沼勝がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
魂萌え!の紹介:2006年製作の日本映画。桐野夏生のベストセラー小説を、「亡国のイージス」の阪本順治監督が風吹ジュン主演で映画化。人生の岐路に立たされた熟年女性が、さまざまな出会いを通し、己を見つめ直してゆくドラマ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
チャットで知り合った男性たちと、訳あって援助交際をしていた女子高生2人、そんなある日、その中の1人がラブホテルで男性と会っていると警察が突入。そのはずみで女子高生は窓から落ちて転落死してしまった。残されたもう1人の友人がしたこととは...?キム・ギドク監督、2005年劇場公開作品。第54回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した。95分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
春琴抄(2008年)の紹介:2008年製作の日本映画。目の不自由な美しい娘と、彼女に献身的に仕える使用人との究極の純愛を描いた文芸ドラマ。これまで何度も映画化されてきた文豪・谷崎潤一郎の同名小説を、『青いうた のど自慢 青春編』の金田敬監督が美しい映像で現代によみがえらせた。女主人を襲った悲劇に悩み苦しむ佐助を、テレビドラマ「オトコマエ!」の斎藤工が熱演。春琴に『少林老女』の長澤奈央がふんするほか、テレビドラマ「ケータイ捜査官7」の松田悟志など、注目の若手俳優が顔をそろえる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
デジタルデトックス 大停電の夜にの紹介:2017年製作のアメリカ映画。『The OC』のミーシャ・バートンが一戸建てに憧れる新妻を好演。大停電をきっかけに“デジタルデトックス”を決意した夫婦に訪れる変化をハートフルに描き出す。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「アレノ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

アレノの紹介:2015年製作の日本映画。『かぞくのくに』『夏の終り』などに携ってきたプロデューサーの越川道夫が監督に挑んだ異色のメロドラマ。不倫関係にある男と女が共謀し、女の夫を殺そうとするも事故で彼が消息不明に。その死体が発見されるのを待つ二人の姿を見つめる。『福福荘の福ちゃん』などの山田真歩、『お盆の弟』などの渋川清彦、テレビドラマ「問題のあるレストラン」などの川口覚らが出演。全編に漂う官能的なムードに加えて、文豪エミール・ゾラの名作の舞台を日本に置き換えた巧みな物語も見もの。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ボイリング・ポイント/沸騰
イギリスのとある高級レストランで起こる出来事を90分ワンショットで描き出す、挑戦的なヒューマンドラマ。クリスマス前の金曜日、プライベートで問題だらけのオーナー、アンディはいつも通りレストランを開店するも、予約を過多に入れてしまっており客とスタッフが一触即発となっていた...。アンディはどう対応していくのか...。主演はスティーブン・グレアム。監督はフィリップ・バランティーニ。PG-12指定。95分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ホテルコパンの紹介:2015年製作の日本映画。「極道大戦争」の市原隼人主演による群像劇。生徒の自殺がトラウマとなりホテルコパンで働き始めた元教師・海人。以前の活気を取り戻そうと躍起になるオーナーや不愛想な従業員と共に働いていたある日、ワケありの宿泊客が次々と訪れる。共演は「紙の月」の近藤芳正、「忘れないと誓ったぼくがいた」の大沢ひかる、「ガキ・ロック」の前田公輝、「ファイナル・ジャッジメント」の水田芙美子、「TOKYO CITY GIRL」の栗原英雄、「水の声を聞く」の玄理、「ハヌル SKY」の大谷幸広、「山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日」の李麗仙、「うなぎ」の清水美沙。「7s セブンス」などのプロデューサーを務めた門馬直人の長編監督デビュー作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
台詞、劇中音楽をできるだけ入れず、看護師の男性とそこに関わる、”終末医療”、”安楽死”などの死を前にした人々とのドラマをシリアスに描く。ミシェル・フランコ監督。ティム・ロス主演。2015年メキシコ、フランス合作映画。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「禁忌」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

禁忌の紹介:2014年製作の日本映画。プロデューサー、女優として「ほとりの朔子」などを送り出す杉野希妃が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭で奨励賞を受賞した和島香太郎監督とコラボ。モーツァルトの音楽に彩られ、少年愛に目覚めた女性と、彼女とともに暮らす少年の関係を描く。杉野と共演するのは「ほとりの朔子」の太賀。和島監督は本作が初の長編作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
異母兄弟で前科者の兄と、オリンピックを目指していたが事故で盲目になった弟、病気で余命いくばくになった兄のために金メダルを獲ろうとする弟との熱いヒューマンドラマ。主演はチョ・ジョンソクとD.O(EXO)。クォン・スギョン監督、2016年劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×