ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

恋い焦れ歌えの紹介:2022年製作の日本映画。Netflix映画部門1位を獲得した「性の劇薬」のフューチャーコミックスと、「百円の恋」「アンダードッグ」のスタジオブルーがタッグを組んで贈る新メディアミックスプロジェクト。過去の出来事でトラウマを抱える男・仁の目の前に黒い悪魔のような男・KAIが現れ、仁の本性をえぐり出す。「パーク アンド ラブホテル」で第58回ベルリン国際映画祭フォーラム部門の最優秀新人作品賞を受賞した熊坂出が監督のみならず、原作・脚本の三役を務めた。本作で長編映画初主演を果たす稲葉友が主人公の桐谷仁を、大注目の若手俳優・遠藤健慎が謎多きKAIを、そして仁の妻役を4人組バンド・ゲスの極み乙女。のドラマーであり、Netflix映画「彼女」で映画に進出したさとうほなみが演じた。二人の男が心を通わせるラップシーンはハハノシキュウが監修を担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:土を喰らう十二ヵ月
土を喰らう十二ヵ月の紹介:2022年11月11日公開の日本映画。作家である水上勉が自身の経験を基に描いた料理エッセイ「土を喰う日々 わが精進十二カ月」を原案とするヒューマンドラマ。『パイナップル・ツアーズ』の中江裕司が監督を務め、『キネマの神様』の沢田研二が主人公のツトムを、『ラストレター』の松たか子が恋人の真知子を演じた。また、『新聞記者』の西田尚美や『とんび』の尾美としのり、『太陽とボレロ』の檀ふみらが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
天然コケッコーの紹介:2007年製作の日本映画。くらもちふさこの名作コミックを「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督が映画化。「ケータイ刑事」の夏帆が演じる少女の初恋を、美しい自然と共に映した青春ドラマ。原作の設定をそのままに、物語はそよの中学時代のエピソードを中心に描かれている。ロケーション撮影もモデル地を中心に行なわれた。夏帆の映画単独初主演作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:チケット・トゥ・パラダイス
チケット・トゥ・パラダイスの紹介:2022年11月3日公開のアメリカ映画。娘の結婚を阻止するために手を組んだ元夫婦の企みを描くリゾートコメディ。『ノッティングヒルの恋人』のジュリア・ロバーツと『ファミリー・ツリー』のジョージ・クルーニーが不仲な元夫婦、ジョージアとデヴィッドを演じる。2人の娘であるリリーを演じるのは『ディア・エヴァン・ハンセン』のケイトリン・デヴァー。「マリーゴールド・ホテル」シリーズのオル・パーカーが監督と脚本を務めた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
エレキの若大将の紹介:1965年製作の日本映画。加山雄三が主演の若大将シリーズの第6弾。併映は『怪獣大戦争』。(主演:宝田明、田崎潤、水野久美、土屋嘉男)。若大将シリーズを代表する作品のひとつで、加山の代表曲である『君といつまでも』『夜空の星』が挿入歌として歌われている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ハワイの若大将の紹介:1963年製作の日本映画。加山雄三が主演の若大将シリーズの第4弾。同時上映は『マタンゴ』(監督:本多猪四郎、特技監督:円谷英二)。シリーズ初の海外ロケ、興行収入2億9千200万円、配給収入1億4千万円、観客動員295万人を記録した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
大学の若大将の紹介:1961年製作の日本映画。加山雄三・主演の日本映画で、若大将シリーズの第1弾にあたる。東宝製作。併映は千葉泰樹監督の『香港の夜』。(主演宝田明、司葉子)この映画から加山雄三は大スターの道を歩み、それまで端役だった田中邦衛にとっても初めての大きな役で、青大将はシリーズになくてはならないキャラクターとなった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:窓辺にて
窓辺にての紹介:2022年11月4日公開の日本映画。妻の浮気に思い悩まされているフリーライターの等身大の恋愛模様を描いた大人のラブストーリー。メガホンをとった『愛がなんだ』の今泉力哉がオリジナル脚本を書き下ろし、『クソ野郎と美しき世界』の稲垣吾郎が主人公の市川茂己を演じた。また、茂己の妻を『DIVOC-12』の中村ゆり、高校生作家の久保留亜を『Diner ダイナー』の玉城ティナが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
夏の娘たち ひめごとの紹介:2017年製作の日本映画。ピンク映画からドキュメンタリーまで、幅広く手掛けてきた堀禎一の6年ぶりの劇映画。養父の最期を看取るため、故郷の町に帰った直美は、義理の弟・裕之と再会。だが、2人の間には、人に言えない秘密があった。さらに、幼なじみの義雄とも再会するが…。出演は「乃梨子の場合」の西山真来、舞台を中心に活躍する鎌田英幸、「まんが島」の松浦祐也。単館上映ながら、公開初日から連日満員の大ヒット。しかし、公開中に堀監督が急逝し、映画ファンに衝撃を与えた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
優しき罪人の紹介:2017年製作の韓国映画。両親を失った女性とその加害者の交流を描くドラマ。交通事故で両親を失ったヨンジュは、弟ヨンインの面倒は見ようと決意する。だが、ヨンインは問題を起こし、示談金を用意しなければ少年院送りになることに。ヨンジュは両親の事故の加害者サンムンを訪ねる。出演は、「神と共に」シリーズのキム・ヒャンギ、ドラマ『愛の不時着』のタン・ジュンサン、ドラマ『梨泰院クラス』のユ・ジェミョン。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田『未体験ゾーンの映画たち2022』で上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:天間荘の三姉妹
天間荘の三姉妹の紹介:2022年10月28日公開の日本映画。臨死状態となった魂が辿り着く天空と地上の間の温泉旅館を舞台に、「生きること」について描いたヒューマンストーリー。髙橋ツトムの漫画「天間荘の三姉妹-スカイハイ-」を『ルパン三世』の北村龍平が実写映画化した。『この世界の片隅に』ののん、『あの子は貴族』の門脇麦、『紙の月』の大島優子が天間荘の三姉妹を演じるほか、高良健吾、柳葉敏郎、寺島しのぶ、柴咲コウらが脇を固める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
グランド・ブダペスト・ホテルの紹介:2014年製作のドイツ&アメリカ合作映画。『ムーンライズ・キングダム』の鬼才ウェス・アンダーソン監督によるコメディ。ホテルのコンシェルジュとベルボーイがホテルの威信をかけて、得意客を殺した犯人捜しに挑む姿が描かれる。『ハリー・ポッター』シリーズの名悪役ヴォルデモート役でおなじみのレイフ・ファインズが主人公に扮し、コミカルな演技を披露する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:線は、僕を描く
線は、僕を描くの紹介:2022年10月21日公開の日本映画。水墨画の魅力に引き込まれていく大学生を描いた、砥上裕將による青春芸術小説を実写映画化。『いなくなれ、群青』の横浜流星が水墨画に魅了される主人公の青山霜介を演じる。霜介のライバルである千瑛を『護られなかった者たちへ』の清原果耶、霜介が水墨画に出会うきっかけを与えた親友の古前を『町田くんの世界』の細田佳央太がそれぞれ演じた。メガホンをとったのは『ちはやふる』の小泉徳宏。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
塀の中の懲りない面々の紹介:1987年製作の日本映画。刑務所を舞台に、一筋縄ではいかない懲役たちの日常を描く。安部譲二原作の同名自伝的小説の映画化で、脚本は「大奥十八景」の鈴木則文と梶浦政男の共同執筆。監督は「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」の森崎東、撮影は「哀しい気分でジョーク」の坂本典隆がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×