ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

米国内で実際に起きた事件をもとに、イラク戦争の現実を描いた作品。 第64回ヴェネツィア国際映画祭、第32回トロント国際映画祭で上映。主演のトミー・リー・ジョーンズは第80回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた 2007年 アメリカ映画 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「一命」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

江戸時代初頭、生活にひっ迫した浪人たちの間で“狂言切腹”が流行していた。裕福な大名屋敷の門をたたき、屋敷内で切腹をさせて欲しいと願い出ると、面倒なことにかかわりたくない屋敷側から幾ばくかの金銭を貰うというものだった。ある日、井伊家にも津雲半四郎と言う浪人が現われ切腹を願い出た。家老が“狂言切腹”だろうと高を括って応対するが、半四郎は思ってもみなかった真実を語り始めた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
離婚した両親のせいで鹿児島と福岡で別々に暮らす兄・航一と弟・龍之介。航一は九州新幹線が全線開通する日の朝、福岡から鹿児島へ向かう新幹線“さくら”と鹿児島から福岡へ向かう“つばめ”が初めてすれ違う時、願い事が叶うという噂を聞き、また家族4人で暮らしたいとある計画を立て始めた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
オスカー女優としてハリウッドで名を馳せたグレース・ケリーは、カンヌ映画祭で出会ったモナコ大公と結ばれ、大公妃となる。アメリカとは全く文化が異なるモナコの地で、王族という道の世界に踏み入る。これは実話をもとにしたフィクションである。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
平川雄一監督作品。辻村深月作の同名小説を映画化。死者と正者を仲介し、一度だけ再開させることが出来る「ツナグ」を中心に、親子、親友、恋人といった3組の面会の様子を描いた感動のヒューマンドラマ。松坂桃李初の単独主演作品。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
2011年公開の韓国映画。本国では736万人の観客動員を突破し、後に日本やハリウッドでもリメイク版が製作された。 慌ただしい生活を送っていた主婦のナミは高校時代の友人・チュナと偶然再会するが、チュナはガンを患い余命2ヶ月と宣告されていた。チュナのために離れ離れになった仲間達を探しはじめたナミは次第に自分らしさを取り戻し、かつての仲間達と再び絆を深めていく。しかしチュナとの別れの時は刻一刻と迫っていた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2014年製作のベルギー・フランス・イタリアの合作映画。第87回アカデミー賞主演女優賞にマリオン・コティヤールがノミネートされた。体調を崩して休職していたサンドラは、金曜日に突然上司から解雇を言い渡される。彼女が復職するためには従業員16人の内、過半数がボーナスを諦めることだった。納得のいかない彼女は週末の2日間を使って同僚を必死に説得して回る…。 ネタバレを読む
トランスアメリカの紹介:2005年のアメリカのドラマ映画。監督・脚本はこれがデビュー作となるダンカン・タッカー。トランスセクシュアルの主人公ブリーを演じたフェリシティ・ハフマンは、本作の演技が高く評価され、ゴールデングローブ賞などの数々の映画賞を受賞した。日本公開は2006年。 ネタバレを読む
THE UPSIDE/最強のふたり(人生の動かし方)の紹介:2017年製作のアメリカ映画。日本公開されたフランス映画史上最高の興行収入を記録したヒューマンドラマ『最強のふたり』をハリウッドでリメイク。スラム街出身の青年デルを『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のケヴィン・ハートが、デルを自身の介護人として雇う大富豪フィリップを『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のブライアン・クランストンが演じる。監督は『ダイバージェント』のニール・バーガー。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
イランの首都テヘランを舞台に、離婚を決めたある夫婦とその周囲の人間模様が描かれている。 第61回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で金熊賞、女優賞、男優賞の2つの銀熊賞を受賞した。第84回アカデミー賞でイラン代表作品として外国語映画賞を受賞し、脚本賞にもノミネートされた。 ネタバレを読む
ヒステリックな母親。職場でのいじめ。そんな環境の中で自殺を考えた理華は自分に正直に生きるというセラピストと出会い徐々に前向きな生き方に変わって行く、がそこに違和感を覚えるようになる・・・ 2017年6月10日公開の日本の映画。Mシネマ第2回作品 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「評決」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

「十二人の怒れる男」や「狼たちの午後」など、硬派な作風で知られる名匠シドニー・ルメット監督が、ポール・ニューマンを主演に迎えて撮り上げた裁判劇映画です。医療ミスを金で解決しようとする権力側に、落ちぶれた中年弁護士が立ち向かう姿をニューマンが熱演し、彼の作品歴の中でも最高のもののひとつとして挙げられています。ニューマンの恋人役を演じた、シャーロット・ランプリングの美しさも際立つ作品です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×