ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画 鈴木先生の紹介:2014年製作の日本映画。武富健治の同名コミックを基に、数々の賞にも輝いた話題のドラマが初の劇場映画化。理想のクラスを作り上げようと奮闘する中学校の国語教師・鈴木先生をドラマ版同様に長谷川博己が演じ、卒業生による立てこもり事件という史上最大の危機に立ち向かう。本作で注目を浴びた土屋太鳳らが、再び中学2年生のリアルを等身大で演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
私と猫のサランヘヨの紹介:2019年製作の韓国映画。韓国の男性アイドルグループSUPER JUNIORのメンバーで動物好きとして知られるヒチョルが声を当てた動物オムニバス。失恋し元恋人と共に飼っていた猫が残された20代のナレ、猫のおかげで運が向いてくる40代のキムの物語など、猫にまつわる4編のドラマを紡ぐ。出演は、「荊棘(ばら)の秘密」のキム・ソヒ、「犯罪の女王」のホ・ジョンドほか。特集『のむらコレクション(のむコレ2020)』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
辻村深月原作の同名ミステリーを、「あん」「光」の河瀬直美が描いたミステリー。不妊治療の末、子を授かれなかった夫婦が養子縁組で男児を引き取った。それから数年後、夫婦の元へ謎の無言電話がかかってくる。相手は男児を生んだ若い母親だった。突然、夫婦の前に現れた彼女の目的は...?2020年劇場公開作品、139分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
黒澤明作品のプロンプターとして有名な野上照代の自伝小説を、山田洋次が吉永小百合主演で撮ったヒューマンドラマ。戦時中、父が特高警察に逮捕され残された母の強さと子供たちの姿を暖かな視点で描く。2008年劇場公開作品、132分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
158回芥川賞、第54回文藝賞をダブル受賞した若竹千佐子の同名小説を映画化した本作。主演は15年ぶりの主演となる田中裕子。夫に先立たれ、一人ぼっちになった75才になる「桃子さん」の脳内に住み着く5人の主人公と共に、孤独だった生活がいつしか賑やかな人生へと進み始める。2020年劇場公開作品。沖田修一監督、137分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「謎の聖女」としてセクシーグラビアで一世を風靡したグラビアアイドル、璃子の初主演作品。昼は読モ、夜はナンバーワンキャバ嬢として働く女性が好きでもない男とはすぐ寝れるが、本当に好きな男とは寝れないという深い悩みをどこかコミカルに描いた官能ドラマ。R-18+。2016年劇場公開作品。吉田浩太監督。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
82年生まれ、キム・ジヨンの紹介:2020年製作の韓国映画。現代女性の生き辛さを映し出し韓国で社会現象を巻き起こしたベストセラー小説を映画化。結婚を機に退職したジヨンは、常に誰かの母であり妻であり、閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。やがて他人が乗り移ったような言動をするようになり……。韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前・ジヨンという名の平凡な女性とその夫を、「トガニ 幼き瞳の告発」「新感染 ファイナル・エクスプレス」でも共演したチョン・ユミとコン・ユチョン・ユミとコン・ユが演じる。監督は、本作が長編デビュー作となるキム・ドヨン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2008年の日本映画。監督は「ゲゲゲの鬼太郎」や「鴨川ホルモー」などの本木克英監督。「犬の十戒」を元にした映画。 医者として忙しく働く父親と専業主婦の母親の元で育っているあかり。父親が仕事で忙しい寂しさを紛らわせるため犬が欲しいと母親に頼むあかり。ある日、家の庭にゴールデンレトリーバーの子犬が迷い込んでいるのを見つける。同時期に母親が倒れて父親の病院に入院する。母親のもとへ子犬を連れていったあかりは母親から犬を飼うときの10の約束を聞かされる。二人で犬に名前をつけようと話し、靴下を履いているような足の模様から「ソックス」と名付ける。大人になったあかり。毎日忙しくしていてあまりソックスの相手をしていない。さらに就職で実家から離れ、獣医として働くなかついにソックスの臨終を知らせる連絡が入る。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
とんかつDJアゲ太郎の紹介:2020年製作の日本映画。漫画家のイーピャオが原案を、小山ゆうじろうが漫画を手掛け、「少年ジャンプ+」で連載されていた同名コミックを実写映画化。“とんかつDJ”を目指す主人公・アゲ太郎を『君は月夜に光り輝く』の北村匠海が演じ、アゲ太郎が憧れる女性・服部苑子を『東京喰種 トーキョーグール【S】』の山本舞香が、彼のライバルとなる人気DJ・屋敷蔵人を『惡の華』の伊藤健太郎が演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
猫侍の紹介:2014年製作の日本映画。「ねこタクシー」「幼獣マメシバ」などの動物ドラマシリーズ10作目。人斬りとして恐れられた浪人のもとに、猫を斬れという依頼が舞い込んだことから始まる騒動を描いた時代劇。2013年10月からはテレビドラマ版が放映された。監督はテレビドラマ版も手がけた「アルカナ」の山口義高。かつて剣客として腕を鳴らした強面の浪人を「日本の悲劇」「龍が如く 劇場版」の北村一輝が、浪人の敵となる男を「悲しいボーイフレンド」「相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」の寺脇康文が演じている。ほか、「RIVER」の蓮佛美沙子、「パートナーズ」の浅利陽介、「釣りバカ日誌」シリーズの小野寺昭らが出演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:きまじめ楽隊のぼんやり戦争
朝9時から夕方17時まできっちりと「戦争」をするとある楽団員の男を描いたシュールなヒューマンドラマ。主役を演じたのは映画初主演となる前原滉、共演は石橋蓮司、片桐はいり、嶋田久作、橋本マナミ等。第21回東京フィルメックスで審査員特別賞を受賞。2021年3月26日劇場公開作品。105分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:種まく旅人~華蓮(ハス)のかがやき~
種まく旅人~華蓮のかがやき~の紹介:2021年4月2日公開の日本映画。日本の第一次産業を応援する「種まく旅人」シリーズ4作目。大阪・堺市の銀行員・山田良一のもとに、古郷の金沢でれんこん農家を営む母から、父が脳梗塞で倒れたと連絡が入る。畑を引き継ぐか売却するかの二択を迫られるなか、良一は父の代わりに畑に向かう。出演は、「種まく旅人 くにうみの郷」に続きシリーズ2回目の登場となる栗山千明、「女の機嫌の直し方」の平岡祐太、「SS エスエス」の大久保麻梨子。監督は、「忍ジャニ参上!未来への戦い」の井上昌典。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
日本・アメリカ合作映画。1945年に集結した太平洋戦後、米軍が日本へやってきて昭和天皇を戦犯として裁こうとしたがそれをいかにして回避したかが、様々な人間模様と共に描かれる。商業映画としてはじめて皇居内での撮影もされた。ピーター・ウェーバー監督、2013年劇場公開、107分 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2009年公開のアメリカ映画。監督は世界的なファッションデザイナーのトム・フォード。今作が監督デビュー作。出演はコリン・ファース、ジュリアン・ムーア、ニコラス・ホルト他。原作はクリストファー・イシャーウッドの小説。 恋人のジムを失ってから日々死ぬことを糧に生きているような大学教授のジョージ。ある日自分の生徒であるケニーに声をかけられ、興味を持つ。元恋人のシャーロットと酒を飲みながら語り合い、いざ死のうと悩んでいるときに偶然、バーでケニーに出会う。愚かなことをしようと二人夜の海に飛び込みジョージの家に帰ってくる。ぐっすりと眠るケニーの顔を見ながら生きる希望を持ったジョージだが、死は然るべくして訪れる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×