ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

小説の神様 君としか描けない物語の紹介:2020年製作の日本映画。「HiGH&LOW」シリーズを手掛ける久保茂昭監督が、2009年に鮎川哲也賞を受賞した人気作家・相沢沙呼の同名小説を映画化。「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹と、『午前0時、キスしに来てよ』の橋本環奈がW主演を務め、売れない小説家と人気小説家がベストセラーを生みだそうと奮闘する姿を描く。共演に、歌舞伎役者としても活躍する片岡愛之助や、『いちごの唄』の和久井映見ら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
お互い17歳という若さで子供ができ、学校も夢も諦め、生まれてきた息子・アルムと3人で暮らし始めたデスとミラ。アルムは聡明な少年だったが“早老症”という難病を患ってしまう。そんな家族にテレビ(ドキュメンタリー)番組の出演依頼がきて・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:信虎

映画「信虎」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

信虎の紹介:2021年11月12日公開の日本映画。戦国武将、武田信玄の父である信虎を描く戦国時代劇。メガホンをとるのは平成「ガメラ」シリーズ、『デスノート』の金子修介。主演は『天空の城ラピュタ』でムスカ大佐の声優を務めた寺田農。またヒロイン役を谷村美月が演じるほか、榎木孝明、永島敏行、渡辺裕之が出演する。『影武者』など黒澤明作品に携わった池辺晋一郎が音楽を担当するほか、同作で織田信長を演じた隆大介の遺作となった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~
サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~の紹介:2021年10月1日公開の映画。突発性難聴に陥ったヘヴィメタルバンドのドラマーの苦悩と再生を、画期的なサウンド設計で描き、観客が主人公の人生を疑似体験するかのような感覚でたどるヒューマンドラマ。「ゼロ・グラビティ」の音響デザイナーのニコラス・ベッカーがアカデミー賞音響賞を受賞。デンマーク人のミッケル・E・G・ニルソンが編集賞を受賞した。ハイブリッドなドキュメンタリー映画を目指したというダリウス・マーダー監督は35mmフィルムで時系列に沿って撮影を敢行。Amazon Prime Videoで2020年12月より日米同時配信されていたが、映画館のサウンドシステム下の鑑賞を望む声が高まり、急きょ日本の劇場公開が決定した。主人公ルーベンが聴覚ではなく身体的な振動を感じている様子が、観客にもさまざまな「音」と「静寂」のシンフォニーで伝えられ、人生の哀歓が増幅共鳴する。「ヴェノム」のリズ・アーメッドがルーベンを演じてアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたほか、73歳のベテラン、ポール・レイシーが手話を駆使して支援団体のジョー役を演じ、助演男優賞にノミネートされた。また、ルーベンの恋人ルー役を「レディ・プレイヤー1」のオリヴィア・クックが演じている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!
tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!の紹介:2021年11月12日公開のアメリカ映画。30歳の誕生日を目前に控え、ニューヨークでアーティストとしての夢を追って生きるミュージカル作曲家ジョナサン。恋、友情、プレッシャーなど、人生の岐路に立つ彼の悩みは尽きない。主人公ジョナサンをアンドリュー・ガーフィールドが演じる。2021年11月19日からのNetflixでの配信に先駆け、一部劇場で公開。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:梅切らぬバカ
梅切らぬバカの紹介:2021年11月12日公開の日本映画。母親と自閉症を抱える息子が、社会の中で生きていく様を温かく見つめるヒューマンドラマ。50歳の息子・忠男と暮らす山田珠子は、悩んだ末に忠男をグループホームへ入居させることに。だが、初めて母と離れ、環境の変化に戸惑う忠男はホームを抜け出してしまう。親子を演じるのは「泥の河」「神様のカルテ」の加賀まりこと、「間宮兄弟」「屍人荘の殺人」の塚地武雅。監督は「禁忌」の和島香太郎。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:たまの映像詩集 渚のバイセコー
たまの映像詩集 渚のバイセコーの紹介:2021年11月12日公開の日本映画。岡山県玉野市と吉本興業がタッグを組み、「競輪と自転車」をテーマに作り上げた全3話のオムニバス。時代の狭間に取り残された中年の競輪選手・大島は、新しい流れに乗ることもできず、毎日をやきもきしながら過ごしていたが……(第一話 美しき競輪)。出演は日本競輪選手会岡山支部所属の現役競輪選手・三宅伸、お笑いコンビ“尼神インター”の渚、お笑いタレントのゆりやんレトリィバァ。監督は「祖谷物語 -おくのひと-」の蔦哲一朗。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:MONOS 猿と呼ばれし者たち
MONOS 猿と呼ばれし者たちの紹介:2021年10月30日公開のコロンビア=アルゼンチン=オランダ=ドイツ=スウェーデン=ウルグアイ=スイス=デンマーク映画。コロンビアの内戦を背景に、暴力の脅威が絶えない世界に生きる少年少女の葛藤を描く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:劇場版 きのう何食べた?
劇場版 きのう何食べた?の紹介:2021年11月3日公開の日本映画。よしながふみによる人気漫画を西島秀俊・内野聖陽のW主演でドラマ化した『きのう何食べた?』の劇場版。法律事務所で働く史朗とその恋人で美容師の賢二は同居中。賢二の誕生日に京都旅行に出かけた2人だったが、旅行中に賢二は史朗からある話を切り出される。山本耕史、磯村勇斗、マキタスポーツ、高泉淳子といったレギュラー陣がTV版に続き出演するほか、新キャストとして松村北斗(SixTONES)が参加。監督は「嘘を愛する女」の中江和仁。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「毎日かあさん」の西原理恵子原作の絵本が映画化した一作。少年と彼のそばにいる生き物「いけちゃん」とのおはなし。いけちゃんはいつも側を離れず、見守っていてくれる。ずっと一緒だったのに、18歳になりはじめて恋をした時、いけちゃんは消えてしまった...。大岡俊彦監督作品。107分。2009年劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:リスペクト
2021年公開のアメリカ映画。ソウルの女王アレサ・フランクリンの生涯を題材にし、幼少期から1972年のチャーチコンサートまでを描く。アレサ・フランクリン演じるのは、生前から本人より抜擢されていた『ドリーム・ガールズ』(2006)での圧倒的ソウルフルな歌声が印象的だったジェニファー・ハドソン。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ボクたちはみんな大人になれなかった
note内のcakes内で掲載された燃え殻原作の小説を映像化した一作、主演は森山未來、伊藤沙莉。青春時代を共に過ごした元カノにFacebookで大人になった「ボク」が間違えて友達申請をしたときからはじまる回想式の青春群像劇。2021年に劇場公開とネットフリックスで配信同日公開。森義仁監督、124分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:シノノメ色の週末
シノノメ色の週末の紹介:2021年11月5日公開の日本映画。元・乃木坂46の桜井玲香を主演に迎え、「月極オトコトモダチ」の穐山茉由監督が大人になりきれない20代女性たちを等身大に描く人間ドラマ。母校・篠の目女子高校の校舎が取り壊されることになり、元・放送クラブの3人が思い出を辿るために数年ぶりに集まる。「月極オトコトモダチ」でMOOSIC LAB2018長編部門グランプリを獲得するなど国内外から高い評価を得てきた穐山茉由監督の商業長編初作品。映画初主演の桜井玲香は高校時代はイケてるグループの中にいた大月美玲を、「mellow」の岡崎紗絵があまり目立たない生徒だった岡崎紗絵を、モデル・歌手で「ロックンロール・ストリップ」など俳優としても活動する三戸なつめが二人を呼び出す廃虚オタクの安東雅美を演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スウィート・シング
スウィート・シングの紹介:2021年10月29日公開のアメリカ映画。「イン・ザ・スープ」のアレクサンダー・ロックウェル監督による25年ぶりの日本劇場公開作。15歳の少女ビリーと弟ニコは、酒のトラブルが尽きない父アダムと暮らしている。ある日、父が強制的な入院措置となり、二人は家を出た母イヴのもとへ行くが……。主役の姉弟を監督の実の子どもたちが、母親を実際のパートナーであるカリン・パーソンズが演じている。父親役は、「ミナリ」のウィル・パットン。2020年ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門最優秀作品賞受賞。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×