ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:川っぺりムコリッタ
川っぺりムコリッタの紹介:2022年9月16日公開の日本映画。『かもめ食堂』『彼らが本気で編むときは、』の荻上直子が監督、脚本、原作を務めるヒューマンドラマ。『BLUE/ブルー』『ホテルローヤル』の松山ケンイチを主演に迎え、孤独だった青年が、生と死の狭間を明るく生きる住人たちとの交流を通して幸せを見つけていく様子を描く。共演はムロツヨシ、満島ひかり、吉岡秀隆、江口のりこ、柄本佑。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
18世紀にイギリス、マンチェスターで起こった悪名高い事件の一つ「ピーター・ルー虐殺事件」をもとに映像化した一作。第75回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門でヒューマン・ライツ・フィルム・ネットワークを受賞。主演はロリー・キニア。監督は「秘密と嘘」のマイク・リー。2019年劇場公開作品。155分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:百花

映画「百花」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

川村元気による同名小説を、主演、菅田将暉、共演、原田美恵子で映像化したヒューマンドラマ。痴呆症を患ってしまった母、自分の存在すら忘れていく母の介護をする息子。しかし2人の間には、忘れられない空白の1年間があった。川村元気監督、2022年9月劇場公開作品。104分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アキラとあきら
アキラとあきらの紹介:2022年8月26日公開の日本映画。『半沢直樹』『陸王』などのベストセラー作家・池井戸潤の累計発行部数70万部を突破した同名小説を映画化。対照的な宿命を背負った二人の若者〈アキラ〉と〈あきら〉が、メガバンクを舞台に、情熱と信念で現実に立ち向かう社会派エンターテインメント。小さな町工場の息子・山崎瑛(やまざきあきら)を竹内涼真、大手海運会社の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)を横浜流星が演じる。同じ社長の息子同士でも、家柄も育ちもまったく違う二人が、破産寸前の企業グループの未来と4800人の人生を救うため、奇跡の大逆転劇を巻き起こす。監督は2022年夏、本作と「今夜、世界からこの恋が消えても」「TANG タング」が立て続けに公開され、快進撃が続く三木孝浩。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「わさお」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

わさおの紹介:2011年製作の日本映画。08年に青森県鯵ヶ沢を訪れた1人の女性ブロガーが掲載した写真をきっかけに、わさわさとした毛で覆われた奇妙な風貌で人気者となった秋田犬わさお。そんな彼の知られざる過去をつづる感動作。わさおを演じるのはもちろんわさお自身。また、わさおの飼い主役を演じた薬師丸ひろ子が22年ぶりに主演作品の主題歌を担当する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1996年に発生したティビリヌの修道士殺害事件の、事件までの様子を描いている実話を元にしたヒューマンドラマ。アルジェリアにある修道院ではフランス人修道士と医師たちが暮らしていたが、次第に彼らの近くにイスラム過激派の影が暗く近づいてゆく...。主演はランベール・ウィルソン。監督はグザヴィエ・ボーヴォワ。2011年劇場公開作品。120分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
地雷を踏んだらサヨウナラの紹介:1999年製作の日本映画。70年代初頭のインドシナ半島の動乱期を背景に、実在の日本人フォト・ジャーナリスト、一ノ瀬泰造の生き様を描いた青春ドラマ。監督は「サワダ 青森からベトナムへピュリッツァー賞カメラマン沢田教一の生と死」の五十嵐匠。脚色は「明日なき街角」の丸内敏治と五十嵐監督の共同。撮影を岡雅一が担当している。主演は「白痴」の浅野忠信。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:さかなのこ
タレント・魚類学者として活躍するさかなクンの半生を、のん主演で映画化したヒューマンドラマ。魚を描くことも見ることも調べることも食べることも大好きな小学生、ミー坊。そんな彼を家族や友人たちは暖かく見守り続ける。そして自分自身の生き方で、ミー坊は人生を泳いでゆく。沖田修一監督、2022年9月上映作品。139分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
タロウのバカの紹介:2019年製作の日本映画。「日日是好日」の大森立嗣が監督・脚本を務めた青春ドラマ。戸籍がなく、学校に通ったことのない少年タロウには、エージとスギオという高校生の仲間がいる。3人は奔放な日々を過ごしていたが、偶然一丁の拳銃を手に入れたことから現実と向き合うこととなる。出演は、本作が俳優デビューとなるYOSHI、「アルキメデスの大戦」の菅田将暉、「町田くんの世界」の太賀。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
長野県、白馬村にあるホテル。そこに10人のワケありの客がやってくる。元教師の男性が従業員として働いていたが、彼の前でそれぞれの問題を抱えた客の気持ちが交差してゆく。主演は市原隼人。監督は門馬直人。PG-12。135分。2015年劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
両親を失って、強い喪失感を持っている二十歳の澪、祖母の入院で知り合いの銭湯で働くようになった。しかし、銭湯もある商店街が区画整理のため、立ち退きを迫られていると知った澪は...。主演は松本穂香。2019年劇場公開作品、中川龍太郎監督作品、96分。題名は明治・大正期の詩人、山村暮鳥の詩「自分は光をにぎつてゐる」からヒントを得ている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:異動辞令は音楽隊!
異動辞令は音楽隊!の紹介:2022年8月26日公開の日本映画。現場一筋だった刑事が異動先の警察音楽隊で奮闘する姿を描くヒューマンドラマ。第44回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した『ミッドナイトスワン』の内田英治が原案、脚本、監督を務め、『護られなかった者たちへ』の阿部寛が主演を務める。また「今日から俺は!!」シリーズの清野菜名、『ヤクザと家族 The Family』の磯村勇斗、「賭ケグルイ」シリーズの高杉真宙らが共演者として名を連ねる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:サバカン SABAKAN
1980年代の長崎を舞台に、小学生の少年2人が繰り広げるひと夏の冒険と青春をみずみずしく描いた一作、キャッチコピーは、「ここは80年代。青春の、少し前の、せいしゅん。」、ドラマ「半沢直樹」の演出・脚本を担当し、映画初監督となる金沢知樹が描く。主演は番家一路、原田琥之佑。2022年8月劇場公開作品。96分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
その手に触れるまでの紹介:2019年製作のフランス&ベルギー合作映画。カンヌ国際映画祭監督賞に輝いたダルデンヌ兄弟の社会派ドラマ。ベルギー。平凡な13歳の少年アメッドは、兄と共にイスラムの教えに傾倒していく。やがて、導師から“背教者”と名指しされた女性教師イネスを襲撃し、アメッドは少年院へ送られるが……。出演は100人の候補者の中から抜擢された新星イディル・ベン・アディ。「午後8時の訪問者」のオリヴィエ・ボノー、「サンドラの週末」のミリエム・アケディウが脇を固める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×