ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

うつくしいひと サバ?の紹介:2017年製作の日本映画。熊本県出身の行定勲監督が、故郷の熊本を舞台にメガホンを執ったノスタルジックなラブストーリー『うつくしいひと』の第2弾。副題の「サバ?」とはフランス語で「元気?」や「大丈夫?」の意味があり、熊本へのエールが込められている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
うつくしいひとの紹介:2016年製作の日本映画。『アナザー Another』などの橋本愛、『横道世之介』などの高良健吾ら熊本県出身の俳優や文化人が顔をそろえたドラマ。見知らぬ男に尾行される母親を探偵と共に護衛しようとする女子大生が、その過程で高校生だった母と亡き父、二人と親しかった少年について知っていく。監督を務めるのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』などの行定勲。学者の姜尚中、『シネマの天使』などの石田えり、『ある優しき殺人者の記録』などの米村亮太朗らも出演する。淡く切ないストーリーや、次々と映し出される熊本城や通潤橋をはじめとする熊本の名所が見どころ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「フリーダ」は2002年のアメリカ作品で、メキシコの女流画家フリーダ・カーロの生涯を描いた伝記映画です。監督はジュリー・テイモア、主役のフリーダを「デスペラード」「ワイルド・ワイルド・ウエスト」などのサルマ・ハエックが演じています。好奇心が強く、前衛的でアートを愛している17歳のフリーダ・カーロは家族と恋人に囲まれ、充実した日々を過ごしていました。しかし、ある日、彼女が乗ったバスが交通事故を起こしてしまいます。フリーダは下半身に大けがを負い、命は取り留めたものの寝たきりの状態が続きます。そんなフリーダに父親は絵描きの道具を買い与えます。それからフリーダは絵の才能を開花させていきます。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「魔の刻」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

魔の刻の紹介:1984年製作の日本映画。息子と肉体関係を持ってしまったひとりの女の愛を描く。北泉優子原作の同名小説の映画化で、脚本は「上海バンスキング(1984)」の田中陽造、監督は「居酒屋兆治」の降旗康男、撮影も同作の木村大作がそれぞれ担当。禁断の関係に陥った母子の葛藤を描く作品で、岩下志麻と坂上忍の濡れ場シーンが当時話題になった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
愛が微笑む時の紹介:1993年製作のアメリカ映画。4人のゴーストが、生前果たせなかった夢に、青年の肉体を借りて再挑戦するフアンタスティックなコメディ。グレゴリー&エリック・ハンセン兄弟の9分の短編映画を元に、「ショート・サーキット」シリーズのS・S・ウィルソンとブレント・マドックのコンビが脚色。監督は「シティ・スリッカーズ」のロン・アンダーウッドが当たった。製作は「フィールド・オブ・ドリームス」のショーン・ダニエルと、ナンシー・ロバーツ。撮影は「アサシン」のマイケル・ワトキンス、衣装は「ある日どこかで」のジャン・ピエール・ドルレアックが担当。音楽は「ミザリー」のマーク・シャイマンで、スティーヴン・ビショップの『マイ・ハート・アンド・ソウル』などの懐かしいナンバーを挿入歌として使用。主演は「チヤーリー」のロバート・ダウニー・ジュニア.。共演は「ベートーベン」のチャールズ・グローディンほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
アンチポルノ(ANTIPORNO)の紹介:2016年製作の日本映画。限られた予算の中、“10分に1回の濡れ場があれば、内容は自由”というスタイルで、70年代以降に日活が製作した成人映画のレーベル“日活ロマンポルノ”。その45周年を記念し、5人の映画監督がロマンポルノに挑んだプロジェクトの一作。園子温監督が、冨手麻妙を主演に迎え、女流作家の深層心理をカラフルな映像世界で映し出す。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
東大合格率90%のミチターゼミナールでカリスマ講師として名を馳せる五十嵐は、富と名声の両方を手中に収めおごり高ぶっていたが、同じ東大医学部を卒業した小宮から、ガンを患っており余命1年半だと宣告を受ける。落ち込んだ五十嵐はひょんなことから高校を1か月で中退した16歳の真紀と出会い、自分の最後の情熱をかけて彼女を東大に合格させようとするが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
スティルライフオブメモリーズの紹介:2018年製作の日本映画。フランスの画家・写真家アンリ・マッケローニの写真集に想を得た「無伴奏」の矢崎仁司監督作。新進気鋭の写真家・春馬の写真展にキュレーターの怜が訪れる。その作品に心を奪われた怜は、何も訊かないこととネガを貰うことを条件に自分を撮ってほしいと春馬に切り出す。主人公の春馬を演じるのは、「ストロベリーショートケイクス」以来、矢崎監督と2度目のタッグとなる安藤政信。共演は「光と血」の永夏子、「蠱毒 ミートボールマシン」の松田リマ、「夢の女 ユメノヒト」の伊藤清美。音楽を「幼な子われらに生まれ」の田中拓人が担当。撮影は、矢崎監督のデビュー作「風たちの午後」以降、数々の矢崎作品を手がける石井勲。2018年3月10日、『第13回大阪アジアン映画祭』にてワールドプレミア上映。2018年3月17日、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:大河への道
大河への道の紹介:2022年5月20日公開の日本映画。立川志の輔の創作落語「大河への道―伊能忠敬物語―」を、『記憶にございません!』などの中井貴一主演で映画化。「伊能忠敬」の大河ドラマを制作しようと奔走する千葉県の市役所職員が、史上初の日本地図を完成させた人物が伊能忠敬ではないことを知ってしまったことから始まる物語が描かれる。『二度めの夏、二度と会えない君』の中西健二が監督を務め、松山ケンイチ、北川景子らが共演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2000年愛知県豊川市で起きた「殺人をしてみたかった」からと言う高校生による老婆殺人事件をモチーフに描く青春群像劇。 大学の文化部の映像ワークショップで、“タイクツな殺人者”というタイトルの映画を撮ることになったが、殺人を犯す犯人の精神状態を映像の中でどう表現するか学生たちは激論を交わす。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「恋の渦」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

恋の渦の紹介:2013年製作の日本映画。第一線で活躍する映画人たちが、限定された予算と期間で映画を製作する山本政志監督率いる“シネマ☆インパクト”プロジェクト第3弾。劇団ポツドールの三浦大輔による原作・脚本を「モテキ」の大根仁監督が映画化。本音と嘘が渦巻く若い男女9人の恋の行方を描く。2013年7月6日よりシネクイントにて単独公開された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ハケンアニメ!
ハケンアニメ!の紹介:2022年5月20日公開の日本映画。直木賞作家である辻村深月の同名人気小説を実写映画化。2組のアニメ監督×プロデューサーコンビによる覇権を巡る熾烈な“闘い”を描く。新人監督役を吉岡里帆が、対する天才監督役を中村倫也が演じ、柄本佑、尾野真千子がそれぞれのプロデューサー役を務める。また、Production I.Gをはじめとしたトップクリエイター陣が手掛ける劇中アニメには、梶裕貴、潘めぐみ、高橋李依、花澤香菜ら人気声優が多数出演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
祖母と暮らすために、都会から雪深い田舎へやってきた内気な少年が、自称「イエス」と名乗る小さな神様が現れる。自分だけに見えて、少年は他の人にはまるで見えないイエス様に次第に親近感を抱き、願いを叶えてくれると信じていく。奥山大史監督、佐藤結良主演、2019年劇場公開作品。76分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ヒトラーに盗られたうさぎの紹介:2019年製作のドイツ映画。世界的絵本作家ジュディス・カーの自伝的小説『ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ』を映画化。1933年、ベルリン。ユダヤ人の父らと何不自由なく暮らす9歳のアンナは突然、「家族でスイスに逃げる」と告げられ、過酷な逃亡生活へと足を踏み入れていく。監督は、「名もなきアフリカの地で」で第75回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したカロリーヌ・リンク。出演は、新人リーヴァ・クリマロフスキ、「帰ってきたヒトラー」のオリヴァー・マスッチ、「ブレードランナー 2049」のカーラ・ジュリ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×