ファンタジー映画のネタバレあらすじ一覧

子供向けから大人向けまで、おすすめのファンタジー映画をまとめています。ファンタジー映画は主に魔法や異世界、ドラゴン、魔法生物などが題材として扱われます。ファンタジーと聞くとディズニーや洋画の印象が強いですが、邦画にも魅力的な作品が数多くあります。

2006年公開の日本映画。 かつて、冷酷な暴君だった父・小沼佐吉(大沢たかお)を捨てた長谷部真次(堤真一)。 地下鉄(メトロ)に乗ったことで真次は過去の世界に辿り着き、そこで若い頃の父親に出会いました。 彼は、その時間旅行を通してこれまで知りえなかった父の本当の想いに触れたのです。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
「グリーン・デスティニー」は、中国の武侠小説「臥虎蔵竜」を原作としたアクション映画でアン・リー監督の作品です。「王様と私」のチョン・ユンファ、「007トゥモロー・ネバーダイ」のミシェル・ヨー、「初恋の来た道」のチャン・ツィイーと中国を代表する豪華なキャスト。華麗なワイヤーアクションが話題となり、その後の多くの中国映画に影響を与えた作品です。また、広大な中国の風景の美しさと、世界的有名なチェリストのヨーヨー・マと中国の代表的な作曲家のタン・ドゥンが奏でる幻想的で美しい音楽にも注目です。アカデミー外国語映画賞など計4部門を受賞しています。伝説の銘剣、碧銘剣(グリーン・デスティニー)を巡る激しい戦いの中で、愛し合う2組の男女が運命に翻弄される… ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2007年製作のアメリカ映画。監督は「ニュームーン/トワイライトサーガ」などのクリス・ワイツ。イギリスの作家フィリップ・プルマンの「ライラの冒険」シリーズの第1巻「黄金の羅針盤」を原作としている。 ダイモンと呼ばれる動物の姿をした自分の魂と常に寄り添って生きている世界。ライラは知りたいことをなんでも教えてくれると言われている真理計(黄金の羅針盤)を手に入れ、教権に追われてしまう。その中で子供達の失踪事件と教権の企みを知ったライラは子供達を救うべく、よろいグマのイオレクや、気球乗りのリー、ジプシャン達と協力して、教権に挑んでいく。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
キャッツの紹介:2019年製作のイギリス&アメリカ合作映画。1981年にロンドンで初演され、全世界累計観客動員数が8100万人を突破したミュージカルの金字塔「キャッツ」を、『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督が映画化。英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルを務めるフランチェスカ・ヘイワードが映画初出演にして主演を飾るほか、『ドリームガールズ』でアカデミー賞助演女優賞に輝いたジェニファー・ハドソン、10度のグラミー賞受賞を誇るテイラー・スウィフト、「007」シリーズのジュディ・デンチら豪華キャストが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2007年製作のアメリカ・ディズニーミュージカル映画。おとぎの国アンダレーシアに住むジゼルは、森の動物たちと楽しく暮らし、いつか真実の愛に出会えることを夢見ていた。そして夢見ていた真実の愛を誓う白馬の王子エドワードと出会うが、彼の義母が自分の地位を奪われることを危惧し、彼女を現代のNYへ送ってしまう…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2012年制作のアメリカ映画。227日間トラと一緒に漂流した少年を描いたヤン・マーテルの小説「パイの物語」を原作とした冒険物語。第85回アカデミー賞で、11部門ノミネートされ、監督賞、作曲賞、撮影賞、視覚効果賞の最多4部門を受賞した。インドで営業していた動物園をたたむことになった少年パイの一家は、動物たちと共にカナダ行きの船に乗り込む。しかし船は嵐に巻き込まれ、生き残ったのは少年パイとトラだけだった...。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2000年アメリカ製作の映画。監督はブレット・ラトナー。2000年度サターンファンタジー映画賞にノミネートされており、ケイト役のティア・レオーニがサターン主演女優賞を受賞。ジャックはウォール街で成功しているビジネスマン。クリスマスの朝目がさめると、そこは13年前に別れた彼女と結婚しているもうひとつの人生だった。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2015年のディズニー制作の実写映画。1950年のディズニーアニメが原作。近年続くディズニーの実写映画化ラッシュの先駆け的作品です。忠実な実写化且つ映像美は必見です。また、ケイト・ブランシェットを始めとする脇を固める女優陣の演技もお見逃しなく。継母と義姉妹に使用人としてこき使われるエラは日々を前向きに過ごしていました。そんな中ひょんなことから王子と出会い・・・ ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2008年公開のアメリカ映画。ジュール・ヴェルヌの『地底探検』を原作とする作品。 10年前、地底調査に向かい行方不明になった兄マックスを追って、トレバー・アンダーソンは、彼の甥っ子ショーンと山岳ガイドのハンナと共に地底探検に向かいます。地球の中心「センター・オブ・ジ・アース」にたどり着いてしまった彼らでしたが…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2018年公開のアメリカ映画。チャイコフスキー作曲のバレエ『くるみ割り人形』の原作である、E.T.A.ホフマンの童話『くるみ割り人形とねずみの王様』の実写映画化作品である。母親の死後、父に対して心を閉ざしていた少女クララは、クララの名付け親であり、亡き母をよく知るドロッセルマイヤー宅でのクリスマスパーティーに参加する。そこで彼女は、亡き母にまつわる不思議な世界を知ることに。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2019年に公開された、アメリカ合衆国のファンタジー映画であり、映画「マレフィセント」の続編。妖精の国”ムーア国”で、娘のように見守ってきたオーロラと共に、マレフィセントは幸せに暮らしていました。しかし、オーロラが愛するフィリップ王子と結婚すると言い出してしまい…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜の紹介:2012年のアメリカのファンタジー映画。ベン・ザイトリン監督の長編デビュー作で、ルーシー・アリバーの舞台を原作としている。第65回カンヌ国際映画祭にてカメラ・ドールを獲得し、第85回アカデミー賞では4部門にノミネートされた。日本公開は2013年。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2015年の韓国制作の映画 製薬会社の新薬の治験に参加し、平凡すぎるほど平凡な青年のまま、外見が魚になってしまった主人公は、騒動に周りも巻き込みながら、マスコミや世論に翻弄されていく。現代社会を痛烈に風刺しながらその渦中にいる主人公の悲哀を描く。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2014年に公開された、アメリカ合衆国のダーク・ファンタジー映画。ヘンリー王が支配する人間の王国と隣接する妖精の国は、長きにわたって対立してきました。ある日、妖精の国に住む少女・マレフィセントは、人間の少年・ステファンと恋に落ちます。しかし、ステファンの心は、次第にマレフィセントから離れてしまい…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
×