ファンタジー映画のネタバレあらすじ一覧

子供向けから大人向けまで、おすすめのファンタジー映画をまとめています。ファンタジー映画は主に魔法や異世界、ドラゴン、魔法生物などが題材として扱われます。ファンタジーと聞くとディズニーや洋画の印象が強いですが、邦画にも魅力的な作品が数多くあります。

「パルプ・フィクション」で復活を果たしたばかりで、ノっていた頃のジョン・トラボルタが、「背中に羽根の生えた、くたびれた中年男のような天使」を演じたファンタジー映画です。「恋人たちの予感」や「巡り逢えたら」などの代表作を持つ、ロマンチックコメディの名手と言われるノーラ・エフロンが監督を務め、心温まるラブファンタジーに仕上がっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「センター・オブ・ジ・アース2神秘の島」は2012年のアメリカの映画で前作「センター・オブ・ジ・アース」の続編にあたります。ジュール・ヴェヌルの「神秘の島」を題材にした冒険ファンタジー作品です。監督は「ランペイジ 巨獣大乱闘」などのブラッド・ペイトン、主演は「ジュマンジ」シリーズのドウェイン・ジョンソンです。 ネタバレを読む
映画「ディセンダント」はディズニー・チャンネルのオリジナルムービーです。監督は同じくディズニーオリジナルムービーの「ミュージカル・ハイスクール」のケニー・オルテガ制作、主演はディズニーチャンネルの「うわさのツインズとマディ」で主演を務め人気を高めたダヴ・キャメロンです。ディズニーの悪者ヴィランズたちにスポットを当て、マレフィセントや白雪姫の魔女、ジャファー、クエラ・ド・デビルなどの子供たちが活躍します。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart2」はステファー・メイヤーの小説を映画化した「トワイライト」シリーズの5作目に当たり、最終章の後半の作品です。監督は前作の「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart1」に引き続きビル・コンドン、主要キャストは全作を通じて同じ俳優陣が演じています。遂に結ばれたベラとエドワードは結婚し一人娘のレネズミを授かりますが、アロ率いるヴォルトゥーリ一族は、レネズミを「不滅の子」とし、抹殺しようと魔の手を伸ばします。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」はアメリカの冒険アドベンチャー映画「ハムナプトラ/失われた死者の都」の続編で、前作と引き続きスティーヴン・ソマーズ監督と、キャストも前作のお馴染みの俳優陣となっています。ハムナプトラでのイムホテップと死闘から8年後、リックとエヴリンは結婚し、アレックスという8歳の息子を設けていました。しかし、そんな中イムホテップがまた蘇ってしまい、さらに新たな敵スコーピオン・キングを倒すためリック、エヴリン、ジョナサン、アーデス・ベイは再びエジプトへ・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ドクター・ドリトルの紹介:2020年製作のアメリカ映画。世界中で100年以上にわたって愛されている児童文学を、「アベンジャーズ」シリーズのロバート・ダウニーJr.主演で映画化。動物と話すことができる変わり者の名医ドリトル先生が、病に侵された女王を救うため、動物たちと伝説の島を目指す。エマ・トンプソンや、ラミ・マレック、トム・ホランドといった豪華キャストが、個性豊かな動物たちの声を務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「真夏の夜の夢」は1999年に制作されたアメリカの映画です。原作は「ロミオとジュリエット」のウィリアム・シェイクスピアの戯曲「夏の夜の夢」です。キャストにミシェル・ファイファー、キャリスタ・フロックハート、ソフィー・マルソー、クリスチャン・ベールなど豪華なキャストで贈る、妖精のちょっとした親切心のイタズラによって翻弄される、うら若き4人の男女の不思議な恋のから騒ぎ・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2009年製作のアメリカ映画。主演のヒース・レジャーが作品完成前に他界してしまい、彼の意思を引き継いでジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウら豪華キャストが代役を務めた話題作。 1000年もの年月を生きたと称されているDr.パルナサスは、パーシー、アントンそして娘のヴァレンティナの4人で旅をしながら「パルナサス博士のイマジナリウム」と呼ばれる見せ物を開催していました。そのサーカスでは、鏡の世界に入る客にその人の欲望を見せてあげるというものでした。しかし、その見せ物はパルナサス博士が悪魔と取引した見せ物でした。その取引の代償は娘が16歳になった時に彼女を悪魔に引き渡すというもので…。 ネタバレを読む
2012年製作のアメリカ映画。グリム童話『白雪姫』を題材とした作品。 幼い頃、国王である父親を無くした白雪姫は、悪い継母であり女王にお城に閉じ込められて生活していました。白雪姫は、外の世界に憧れを抱くようになっており、ある日お城で開催される舞踏会にこっそりと参加します。そこで過去に森で出会ったある王子アルコットと再会を果たし、お互い惹かれあって行きます。しかし、邪悪な女王は王子の財産を狙って結婚しようと企んでおり…。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
2011年フランス、ドイツ、ベルギー合作。オープニングから数10分で、主人公が死ぬという結末が明かされます。そこから始まる主人公の追憶の旅。生きる喜びを失ったバイオリン弾きの奏でる音に、切なく胸が締めつけられます。原作はコミックで、映画の中にもアニメーションによる語りがありユニークです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2016年製作のアメリカ映画。1977年のディズニー映画「ピートとドラゴン」のリメイク作品。 家族での旅行中、事故に遭い森に一人取り残されてしまった少年ピートは、毛に覆われた大きなドラゴンに命を救われます。その後、約6年間ピートは人間と関わる事なく大きなドラゴン”エリオット”と共に幸せに森で暮らしていました。ある日、森林を守る仕事をしているグレースが森に調査に入った際、彼女はピートを発見します。ピートはグレースとの出会いをきっかけに、人間に知られてはいけない秘密の友達”エリオット”の存在を知られてしまい…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画 ひみつのアッコちゃんの紹介:2012年製作の日本映画。魔法少女ものの先駆けとして知られ、3度にわたってテレビアニメ化された赤塚不二夫の傑作コミックを、誕生50周年を記念し、実写映画化したラブ・ファンタジー。綾瀬はるかがヒロインの大人の姿を演じ、おなじみの“テクマクマヤコン”という呪文で、フィギュアスケーターにCA、バイクレーサー、OL、ナースなど様々な姿に変身する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2009年のアメリカ映画。監督は「マルコビッチの穴」などのスパイク・ジョーンズ。世界的ベストセラーのモーリス・センダックによる同名絵本の実写映画化。 8才のマックスは最近、姉のクレアにもあまり遊んでもらえず、ママにも恋人ができて疎外感を感じていた。そんなある日、狼の着ぐるみを着てキッチンに降りて来たマックスは、ママとの些細なすれ違いから家を飛び出してしまう。行き着いた先にあった船に乗り海に出て、辿り着いた先は、かいじゅうたちのいるところだった。そこで「王様」になったマックスは、かいじゅうたちのために「王様」として色々と提案していくが、かいじゅうたちにも色々な思いがあって・・。     ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×