ファンタジー映画のネタバレあらすじ一覧

子供向けから大人向けまで、おすすめのファンタジー映画をまとめています。ファンタジー映画は主に魔法や異世界、ドラゴン、魔法生物などが題材として扱われます。ファンタジーと聞くとディズニーや洋画の印象が強いですが、邦画にも魅力的な作品が数多くあります。

プーと大人になった僕の紹介:2018年製作のアメリカ映画。ディズニーの人気キャラクター、くまのプーさんを初めて実写映画化したファンタジー。大人になったクリストファー・ロビンがかつての親友プーと再会し、“本当に大切なモノ”を取り戻していくさまが描かれる。プーだけでなく、ピグレットやティガー、イーヨーなど、おなじみのキャラクターたちが登場する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2016年公開のアメリカ映画。監督は『月に囚われた男』などのダンカン・ジョーンズ。同名のゲームが原作。今作では、オークと人間との出会いが描かれている。主役にトラヴィス・フィメル、共演にポーラ・パットン他。 7つの国のある世界。ある日そこへ存在しないはずのオーク族が現れ人々を次々と蹂躙し始めた。オークを指揮しているグルダンは強力な闇の魔法、フェルを使い、さらに捕虜にした人々を糧にして魔力を維持し、ゲートを創造していた。フェルの力が使われていることに気づいた若き魔法使いカドガーは王を尋訪ね、王の右腕である騎士ローサーと共に守護者へと助けを求める。ゲートの場所までやってきたローサー達はそこでオークと出会い、オークに縛られ使われていた半オークのガローナと出会う。同じオークでグルダンの支配をよく思っていないフロストウルフ氏族のデュロタンと人間は手を組み、グルダンへと挑んでいく。
ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ピーターラビット2/バーナバスの誘惑
ピーターラビット2/バーナバスの誘惑の紹介:2021年6月25日公開のアメリカ&オーストラリア&イギリス合作映画。ビアトリクス・ポターによる名作絵本を実写映画化した『ピーターラビット』の続編。生まれ育った湖水地方から都会へとやってきたウサギのピーターが、そこで出会った地下組織を率いるバーナバスとともに思いがけず悪事を働く。主人公ピーターの声を務めるジェームズ・コーデンをはじめ、ピーターが母親のように慕うビアをローズ・バーンが、ピーターの因縁の相手であるマグレガーをドーナル・グリーソンが前作から続投する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「秘密」のネタバレあらすじ結末

ファンタジー映画

「おくりびと」の滝田洋二郎監督が、東野圭吾の原作を映画化した、1999年度製作の作品です。心は40歳の主婦である女子高生を演じる広末涼子の演技が素晴らしく、際どい演技やセリフを口にするのも話題になりました。音楽を宇崎竜童が手掛け、主題歌を竹内まりやが担当しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
新鋭・鳴瀬聖人監督の商業映画デビュー作となる作品で、もともと2時間強の長編映画として製作された本編を、ソフト化する際に「前編・後編」の2分割した、その「後編」になります。前半は主人公が次々に女性をナンパする「セクシーVシネマ」のような内容になっていますが、後半はグっと胸に染み入るロマンチック・ファンタジーに昇華されています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「恋の墓」のネタバレあらすじ結末

ファンタジー映画

「温泉しかばね芸者」で2018年のゆうばりファンタスティック映画祭の審査員特別賞を受賞した、若き新鋭・鳴瀬聖人監督の商業映画デビュー作となった作品です。全編を通じて大林亘彦監督作品へのオマージュが散りばめられているほか、スラップスティックコメディ的な味わいもあるラブファンタジーになっています。もともと2時間強の長編映画として製作されましたが、ソフト化される際に前編・後編(ソフトのタイトルは「完結編」)の2作品に分割され、本作はその前編にあたる作品です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2007年4月公開の日本映画。主演はウエンツ瑛士。ヒロイン役に井上真央。監督は「鴨川ホルモー」や「空飛ぶタイヤ」などの本木克英。 妖狐達が祀っていた妖怪石をひょんなことから手に入れたねずみ男は、その石を古道具屋に持ち込むが、たまたま古道具屋を訪れていた実花と健太の父親によって持ち出されてしまう。妖怪石がなくなり大騒ぎになる妖怪の世界。なかなか妖怪石が見つからないことに業を煮やした空狐は、そもそも鬼太郎が盗んだことにしてしまい、鬼太郎は大天狗の大裁判所へと召喚されてしまう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年9月公開の日本映画。監督は柳明菜。主演は横浜流星、共演に飯豊まりえ。原作は河野裕による小説「いなくなれ、群青」で「階段島」シリーズの第一作。 階段島という人口二千人余りの島で暮らしている七草。気付くとこの島にいて、なぜこの島にいるのかみんなわかっていないが、生活には不自由はなく高校に通って友達もいる。そんな不満もない生活の中、ある日幼なじみである真辺がこの島にやってくる。直近3ヶ月の記憶がなく急にこの島にいたと真っ直ぐに不思議がる真辺。この島を出ないといけないと奔走するが、この島を管理している魔女といわれる人物にはなかなか接触することができない。階段島とはなんなのか?真辺の存在と、島で起こる落書き事件の謎を解いた時に全てが明らかになる。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ピーター・パン」はアメリカ、イギリス、オーストラリア合作の映画で、ピーターパンの誕生100周年を記念して制作されました。監督は「お買いもの中毒な私」のP.J・ホーガン、主役のピーターパン役をジェレミー・サンプターが演じています。小説家を夢見る少女ウェンディが眠っていると、目の前に空飛ぶ少年ピーターパンと妖精のウェンディがやって来る。ピーターパンに連れられてウェンディと弟たちのネバーランドへの大冒険が始まります。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:陰陽師:二つの世界
2021年3月にNetflixで配信された中国映画。監督はリー・ウェイラン。主演にチェン・クン、共演にジョウ・シュン。夢枕漠の「陰陽師」を原作としたモバイルゲーム「陰陽師」を実写映画化。 大妖「相柳」との戦いの後、妖怪が住む妖域と人間が住む場内の二つの世界に別れている現在。陰陽寮を追われた晴明は居場所のない妖怪達を式神に下し自身の屋敷で自適に暮らしていたが、ある日、陰陽寮から相柳を封じ込めていたはずの鱗石が持ち出されてしまう。幼い頃から気にかけてくれていた百旎にあらぬ疑いをかけられてしまう晴明。一方、あるトラブルをきっかけに晴明と知り合った博雅は、一風変わった少女神楽と出会い、図らずも晴明をめぐる戦いに巻き込まれていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2008年公開の日本映画。原作は水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」今作は、実写映画化の2作目。主演の鬼太郎にウエンツ瑛士、今作のヒロイン役に北乃きい。そのほかのメインキャストは前作から引き続き続投。 人気の無い夜道でかごめ歌が聞こえてくると、一人で歩いている女性が魂を奪われるという怪談が広まる。部活の帰り道、一人で歩いていた楓はかごめ歌が聞こえ、女に襲われそうになるが見回りをしていたねずみ男と鬼太郎に助けられる。翌日、部活の練習中に手を見ると銀の鱗が貼り付いているのに気付き愕然とする。鬼太郎や仲間達に助けを求め、調べていくと楓の祖先は鬼道衆と言う払い屋だとわかり、さらに今回のかごめ歌の妖怪(濡れ女)を作り出した原因が自分たち人間にあることを知り、濡れ女を救いたいと考え始める。一方濡れ女の目的は元の美しい姿に戻ることで、その背後には鬼太郎の宿敵であるぬらりひょんがいた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海」は「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の続編あたるファンタジーアドベンチャー映画です。監督はトール・フロイデンタール、キャストは前作と同じくローガン・ラーマンらが出演しております。デミゴット(半神半人)たちが暮らす訓練所を守っていたタレイアの木が毒を盛られ枯らされてしまう。タレイアの木を蘇らせるには金の羊毛が必要と知り、ポセイドンの息子パーシー・ジャクソンと仲間たちは金の羊毛がある魔の海域をめざし、再び冒険へと旅立つ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」は2010年公開のアメリカ制作の映画です。監督は「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバス制作です。ギリシャ神話をベースに現代に生きる神々たちの子供デミゴットたちが大活躍するファンタジーアドベンチャー映画です。高校に通う17歳の男子高生パーシー・ジャクソンはある日、自分が海の神ポセイドンの息子だと知らせれる。さらにゼウスの武器雷を奪ったとして疑われ、狙われているという。身の潔癖を証明し、冥界の神ハデスに攫われてしまった母を救いに仲間たちと旅に出る。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
宇宙でいちばんあかるい屋根の紹介:2020年製作の日本映画。野中ともその同名小説を、『新聞記者』の藤井道人監督が映画化したファンタジー風味の人間ドラマ。『いちごの唄』の清原果耶を主演に迎え、14歳の少女が不思議な出会いを経て成長していく姿を描く。少女の前に現れる老婆を桃井かおりが、少女が恋する大学生を伊藤健太郎が演じるほか、吉岡秀隆、坂井真紀らが共演。シンガーソングライターのCoccoが書き下ろした主題歌を、清原が持ち前の美声で伸びやかに歌い上げる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×