ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

映画:恋の病~潔癖なふたりのビフォーアフター~
恋の病~潔癖なふたりのビフォーアフター~の紹介:2021年8月20日公開の台湾映画。台湾の金馬奨6部門候補の他、各国の映画祭で高評価を得た異色のラブストーリー。重度の潔癖症の青年ボーチンは、外出時は防塵服に手袋とマスク着用の完全武装。周囲からは変わり者と見られていたが、ある日、同じ潔癖症の女性ジンと運命的な出会いを果たす。出演は「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」のリン・ボーホン、「黒衣の刺客」のニッキー・シエ。リャオ・ミンイーの監督デビュー作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「恋愛適齢期」は2003年に公開されたアメリカの映画。監督は「ホリデイ」や「マイ・インターン」のナンシー・マイヤーズ、主演はジャック・ニコルソンとダイアン・キートンです。50代と60代の熟年男女の恋愛を描いたロマンティック・コメディ作品です。音楽業界で成功している63歳のハリーは付き合う女性は30歳以下の女性ばかり、そんなハリーは恋人のマリンに彼女の別荘に招待されます。そこで、彼女の母エリカと鉢合わせになり…   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「プロヴァンスの贈りもの」は2006年公開のアメリカで製作されたラブストーリー映画です。監督は「ブレードランナー」「グラディエーター」などのリドリー・スコット、主役は「グラディエーター」「インサイダー」などのラッセル・クロウが務めています。ロンドンの金融トレーダーとして忙しくマックス。ある日、ブドウを作り、ワイン醸造であった叔父のハリーが亡くなったと知らせが届きます。叔父の屋敷やブドウ園などの遺産を相続したマックスは、遺産を売却するために叔父の屋敷を訪れますが、そこで叔父と過ごした少年時代の楽しい思い出が蘇ります。マックスは叔父の思い出と共に、叔父と関わりのあった人々に出会い、遺産を売却しようとしていたマックスの心境に変化が現れます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ファイナル
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ファイナルの紹介:2021年8月20日公開の日本映画。累計発行部数1500万部超えのラブコメ漫画を原作に、2019年に興行収入22億円を記録した実写映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の続編。“告白した方が負け”と思い込む男女による恋愛頭脳戦を描く。前作から引き続き河合勇人が監督を務め、King & Princeの平野紫耀が主演、橋本環奈ががヒロインを続投。さらに、映画初出演となる日向坂46の影山優佳が新たに参加する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:Summer of 85

映画「Summer of 85」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

Summer of 85の紹介:2021年8月20日公開のフランス&ベルギー合作映画。エイダン・チェンバーズの「おれの墓で踊れ」を原作に、『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』などのフランソワ・オゾン監督が映画化した、少年たちのひと夏を描くラブストーリー。第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選出され、第15回ローマ国際映画祭では観客賞を受賞するなど、世界の映画祭で高い評価を獲得。オーディションでその才能を見いだされたフェリックス・ルフェーヴルとバンジャマン・ヴォワザンが主人公の少年を演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年のアメリカ映画。監督は「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」などのジョン・M・チュウ。主演にコンスタンス・ウー、ヘンリー・ゴールディング。2013年のケヴィン・クワンの小説「クレイジー・リッチ・アジアンズ」を基にしている。 NYの大学で教鞭をとるレイチェルは、付き合って1年以上になる恋人のニックに実家のシンガポールに誘われる。ニックの実家について何も知らされていなかったレイチェルは、ニックの実家が大財閥だと知り驚く。母親のエレノアに紹介されるもあまりいい顔をされないレイチェル。さらに周りにはレイチェルを妬む女性達が多く意地悪をされてしまう。最初は逃げ出そうとしたレイチェルだったが、親友のペク・リンに励まされ、エレノアと対決する決意をする。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:夕霧花園

映画「夕霧花園」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

夕霧花園の紹介:2021年7月24日公開のマレーシア映画。台湾恋愛映画の名手トム・リン監督が、マレーシアを舞台に撮り上げた歴史ラブストーリー。1980年代。女性裁判官のユンリンは、かつて愛した男で謎多き庭師・中村がとある財宝にまつわるスパイとして指弾されていることを知り、彼の潔白を証明しようと決意する。出演は「インフェルノ 大火災脱出」のリー・シンジエ、「祈りの幕が下りる時」の阿部寛、「妻の愛、娘の時」のシルヴィア・チャン。原作はマレーシアの作家タン・トゥアンエンの小説でブッカー賞ノミネートの「The Garden of Evening Mists」。第15回(2020年)大阪アジアン映画祭オープニング作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「大いなる遺産」は1998年公開のアメリカ映画で、原作はチャールズ・ディケンズ作の同名小説です。1964年に映画化され、今作はそのリメイク作品になります。監督は「ゼロ・グラビディ」でアカデミー監督賞を受賞したアルフォンソ・キュアロン。主演はイーサン・ホーク、他にグウィネス・パルトロウ、ロバート・デ・ニーロなどが出演しています。フロリダの小さな港町に住む10歳のフィン・ベルは10歳の頃、エステラという美しくお金持ちの少女と出会い、遊び相手になります。やがて成長した二人は恋に落ちますが、エステラは何も言わずにヨーロッパへと旅立ってしまいます。7年後、フィンは画家になるためニューヨークにやってくると、そこでエステラと再会。再び情熱的な恋に落ちますが、彼女には婚約者がおり…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:エバー・アフター
「エバー・アフター」は1998年のアメリカの映画です。監督は「アンナと王様」や「最後の恋のはじめ方」のアンディ・テナント、主演は「25年目のキス」「チャーリーズエンジェル」のドリュー・バリモアで、おくるグリム童話の「シンデレラ」を元にしたラブストーリー作品。16世紀フランス、母を亡くし、優しい父と暮らす美しい少女ダニエル。しかし、父親が再婚し新しい継母と娘たちと暮らすことになりますが、すぐに父が亡くなってしまいます。それからシンデレラは、継母たちに奴隷のようにこき使われる生活を送っていました。そして10年後、シンデレラはフランスのヘンリー王子と出会い、運命的な恋に落ちます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
大手建設会社の定年退職を目前に控え、30年連れ添った妻と別れ第二の人生をはじめようとする橘孝平。   5年前、愛妻に先立たれ娘と暮らす医師・佐伯静夫は、医療小説の監修を求められ、翻訳家として第一線で活躍する麗子と出会い惹かれあうようになる   魚屋を営む松山正彦と光江。正彦は若いころグループサウンズを組んでいて、その頃ファンの中で一番かわいかった光江と結婚した。お互いのことを思いやり合っているくせに口喧嘩が絶えない夫婦だったが、光江にある病気が見つかってしまうと・・・。   3組の高齢となった男女が織りなすラブストーリーで、住友信託銀行の人気キャンペーン「60歳のラブレター」で全国から集まった9万通の愛の実話から映画化された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「アルフィー」は2004年に公開されたイギリスが制作した映画です。1996年の同名映画のリメイク作品で、監督は「マリー・アントワネットの首飾り」などのチャールズ・シャイアで、主演のアルフィーをジュード・ロウを演じ、他にもスーザン・サランドンやシエナ・ミラーが出演しています。ニューヨークに住むイギリス人のアルフィーは無類の女好きで、真剣な付き合いはせずに様々な女性と遊び歩いていました。しかし、そんなアルフィーの行いのせいで、アルフィーの周りの人たちは傷つき、彼の周りからは親しい人達は離れていってしまいます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:胸が鳴るのは君のせい
胸が鳴るのは君のせいの紹介:2021年6月4日公開の日本映画。紺野りさ原作、累計発行部数250万部突破の少女コミックを映画化した青春ラブストーリー。「SPEC」シリーズ、『悼む人』など多くの堤幸彦監督作品で監督補や編集ディレクターを務めた高橋洋人がメガホンをとり、映画監督デビューを果たした。原作人気キャラクターの有馬隼人役に映画初主演となる美 少年/ジャニーズJr.の浮所飛貴が、ヒロインの篠原つかさ役を『サイレント・トーキョー』の白石聖が務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:シンプルな情熱
シンプルな情熱の紹介:2021年7月2日公開のフランス&ベルギー合作映画。ノーベル文学賞の候補にも名を連ねるフランス現代作家、アニー・エルノーの原作で、年下男性との愛と性の実体験を綴った問題作を映画化。レバノン出身のダニエル・アービッド監督が、女性ならではの視点で原作を映像化した。主人公のエレーヌを『若い女』で第23回リュミエール賞最有望女優賞を受賞したレティシア・ドッシュが、その恋人を『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』のセルゲイ・ポルーニンが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×