ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

映画:シンプルな情熱
シンプルな情熱の紹介:2021年7月2日公開のフランス&ベルギー合作映画。ノーベル文学賞の候補にも名を連ねるフランス現代作家、アニー・エルノーの原作で、年下男性との愛と性の実体験を綴った問題作を映画化。レバノン出身のダニエル・アービッド監督が、女性ならではの視点で原作を映像化した。主人公のエレーヌを『若い女』で第23回リュミエール賞最有望女優賞を受賞したレティシア・ドッシュが、その恋人を『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』のセルゲイ・ポルーニンが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
シングルマザーのマギーは、一人娘のサマーを連れて大麻所持で捕まったサマーの恋人タイラーから引き離すためイタリアにやってきた。 若いころローマに2か月間滞在しそこで恋に落ちたルカと偶然再会し、ルカの母親カルメンを巻き込んでドタバタ劇が始まる。2015年製作のアメリカ映画。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
あるきっかけからアパートの一つの部屋で暮らすようになった高校生の葵と柊聖。 成り行きで仕方なかったのだが、次第に幸せな生活を送っていた矢先、柊聖のいとこ玲苑がアメリカからやって来て3人は一緒に生活することになるが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ハニーレモンソーダ
ハニーレモンソーダの紹介:2021年7月9日公開の日本映画。累計発行部数500万部を超える村田真優の人気少女コミックを、アイドルグループSnow Manのラウール映画単独初主演で実写化。恋や友情に悩む高校生たちの青春ストーリーを紡ぐ。主人公の三浦界をラウールが、ヒロインの石森羽花を『十二人の死にたい子どもたち』の吉川愛が演じるほか、堀田真由、坂東龍汰、岡本夏美、濱田龍臣らが共演。監督を『ピーチガール』の神徳幸治が、脚本を『PとJK』の吉川菜美が担当する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ウェディング・シンガー」は1998年に公開されたアメリカのラブコメディー映画です。監督は「もしも明日が選べたら」「子連れじゃダメかしら?」のフランク・コラチ、出演はアダム・サンドラーとドリュー・バリモアです。この二人は「50回目のファーストキス」、「子連れじゃダメかしら?」でもカップル役で出演し、ヒットしています。ウェディングシンガーとして生計を立てているロビーは、ある結婚式でウェイトレスとして働くジュリアと出会います。2人は意気投合し、恋に落ちてしまいます。しかし、ジュリアにはお金持ちの婚約者がおり… ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
路地裏で殴られ倒れていた中年女性を助けた冴えない男性が聞いた、彼女の「色情狂」の歴史を辿る続編。前作では最愛のジェロームと結ばれるがその愛も長くは続かず、また主人公のジョーは倒錯した性の世界へ飛び込んでいく...。ラース・フォン・トリアー監督。2014年劇場公開作品。123分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「メッセージ・イン・ア・ボトル」は1999年に公開されたラブストーリー映画です。「きみに読む物語」「親愛なる君へ」など多くのベストセラーを出した作家ニコラス・スパークスの同名小説が原作となっています。監督は「男が女を愛する時」や「コール」などのルイス・マンドーキです。出演はケビン・コスナー、ロビン・ライト・ペンが主演を演じ、ポール・ニューマンも出演しています。シカゴで新聞記者として働くシングルマザーのテリーサは、ある日、海岸で瓶に入った一通の手紙を拾います。内容は男性が亡き妻に宛てたラブレターで、テリーサはその感動的な言葉に心動かされ手紙を書いた人物を探し出します。手紙の差出人はノースカロライナの海辺の街に住むギャレット・ブレイクという人物だと判明し、テリーサは彼に会いに行き、2人は恋に落ちます…。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
鬼才ラース・フォン・トリアーが「アンチクライスト」「メランコリア」に続く「鬱3部作」の最後の一作。vol.1、2と続く。1人の「色情狂」の女性を通じて語られる性と愛の半生。過激な性描写と突拍子なストーリー展開に賛否両論となった。R-18+。2014年劇場公開作品。117分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ロングバケーション」や「ビューティフルライフ」など、数々の大ヒットドラマを手掛けた脚本家・北川悦吏子の、劇場用映画初監督作です。プロデューサーとして、サザンやミスチルを手掛けた音楽プロデューサーの小林武史と、「スワロウテイル」「リリィ・シュシュのすべて」などで知られる映画監督の岩井俊二が名を連ねています。登場人物の心情を現すようなモノローグを一切使わず、役者のセリフと動きだけで表現し、そのセリフも「リアルな十代の姿」を描き出すため、多くの場面で役者たちのアドリブに任せたという構成が、新鮮なみずみずしさを生み出しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2007年公開の台湾映画。主演・監督・脚本・主題歌をアジア映画界のスター、ジェイ・チョウが務めており、チョウにとっては監督としてのデビュー作品でもある。第44回台湾金馬奨(台湾のアカデミー賞的位置づけの映画賞)で最優秀台湾映画賞・主題歌賞・視覚効果賞の3部門に輝き、台湾で大きな人気を博した。音楽学校で出会い、恋に落ちた若い男女が織りなす、不思議で切ない物語。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりからの紹介:2021年5月7日公開のフランス&ベルギー合作映画。フランスで大ヒットした『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督がメガホンをとり、すれ違う夫婦の姿をファンタジックに映し出したラブストーリー。第72回カンヌ国際映画祭で将来有望な若手俳優に贈られるショパール・トロフィーを受賞したフランソワ・シビルが主人公ラファエルを、『最後のマイ・ウェイ』のジョセフィーヌ・ジャピが妻オリヴィアを演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

「幸せの始まりは」は、2011年に公開されアメリカのラブコメディ映画です。監督は「ザ・エージェント」や「恋愛小説家」を制作したジェームズ・L・ブルックス監督です。主演は「キューティ・ブロンド」で人気を博したリース・ウィザースプーンで、他にも「アントマン」シリーズのポール・ラッドに、オーウェン・ウィルソン、ジャック・ニコルソンなどが出演しています。プロソフトボールの選手だったリサは、ある日チームをクビになってしまい大きなショックを受けます。気分転換にと友人からデート相手の男性を紹介されます。しかしデート相手のジョージは父親と会社を共同経営している実業家だが、投資詐欺を疑われ起訴されそうになっており、こちらも絶体絶命に立たされていました。そんな最悪な状態で出会った2人だが、いつしか惹かれあっていき…。

ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ハッピーエンドが書けるまで」は2012年のアメリカの映画です。監督は「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン監督の作品でリリー・コリンズ、ローガン・ラーマンら人気若手俳優他、グレッグ・キニア、ジェニファー・コネリーが出演しています。3組のカップルが織りなす愛と再生をテーマに描いた作品です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ブギーナイツ」「マグノリア」と、3時間に及ぶ「長尺の名作」の連発で注目されたポール・トーマス・アンダーソン監督が、95分というコンパクトな尺でのロマンチック・コメディに挑戦した作品です。主演のアダム・サンドラーは、それまでのコメディ映画での演技から一転し、ようやく巡り合えた運命の恋と、相次ぐトラブルとの板挟みになりながらも奮闘する男を見事に演じ、高い評価を受けました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×