ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

映画:ラストクリスマス
ラスト・クリスマスの紹介:2019年に公開された作品。世界的に有名なクリスマス・ソングであるワム!の楽曲『ラスト・クリスマス』から着想を得て製作されたロマンティック・コメディ作品である。監督を務めたのは『SPY/スパイ』『ゴースト・バスターズ(リメイク版)』などで監督を務めたポール・フェイグ。主演はドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズや『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で知られるエミリア・クラーク。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ひとひらの雪
ひとひらの雪の紹介:1985年製作の日本映画。複数女性と関係をもつ中年男の姿を描く。渡辺淳一原作の同名小説を「Wの悲劇」の荒井晴彦が脚本化、監督は「探偵物語」の根岸吉太郎、撮影は「湾岸道路」の川上皓市がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格 太宰治と3人の女たちの紹介:2019年に公開された作品。小説家・太宰治の作品『人間失格』から取られたタイトルではあるが、映画化作品ではなく、太宰が人間失格を書き入水自殺するまでを、3人の女性との関係を通して描いたフィクション作品である。監督を務めたのは、写真家でありながら『さくらん』『ヘルタースケルター』などで監督を務めた経験のある蜷川実花。小栗旬が太宰治を演じている。その他、太宰の妻・美知子を宮沢りえ、太田静子を沢尻エリカ、太宰と共に入水自殺する山崎富栄を二階堂ふみがそれぞれ演じている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦
かぐや様は告らせたい~ 天才たちの恋愛頭脳戦~の紹介:2019年9月6日公開の日本映画。累計発行部数700万部を突破した赤坂アカの人気コミックを原作に、平野紫耀&橋本環奈共演で実写化。エリートが集う名門私立・秀知院学園。互いに惹かれ合う生徒会会長・白銀御行と副会長の四宮かぐやは、先に相手に告白させようと“恋愛頭脳戦”を繰り広げる。監督は、『ニセコイ』の河合勇人。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ルビースパークス
ルビー・スパークスの紹介:2012年に公開された作品。脚本を務めたゾーイ・カザンがタイトルにもなっているヒロイン、ルビー・スパークスを演じ、製作総指揮を務めたポール・ダノが主人公カルヴィン・ウェア=フィールズを演じている。更にカザンとダノは実生活でも、一人の娘がいるカップルである。監督を務めたのは、こちらも夫婦であるジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリス。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:火口のふたり
火口のふたりの紹介:2019年8月23日公開の日本映画。直木賞作家・白石一文による同名恋愛小説を、「共喰い」はじめ数々の脚本を手がけ「この国の空」などでメガホンを取る荒井晴彦が映画化。挙式を控え、直子は昔の恋人・賢治と数年ぶりに再会。過去が鮮やかに蘇り、ふたりは抑えきれない衝動に身を委ねていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:月極オトコトモダチ
月極オトコトモダチの紹介:2019年6月8日公開の日本映画。男女の友情をテーマにしたラブコメディ。30歳を目前にしたWEBマガジン編集者の那沙は“レンタル友達”を生業とする柳瀬と出会い、連載企画のために契約する。ある日、風邪で倒れた那沙の看病にアパートを訪れた柳瀬は、ルームメイトの珠希と急接近するが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:4月の君スピカ
4月の君、スピカ。の紹介:2019年4月5日公開の日本映画。杉山美和子による人気漫画を「黒執事」の大谷健太郎監督が実写映画化。高校受験に失敗し、うっかり超進学校へ入学した早乙女星。口の悪い秀才・泰陽と無口な美少年・深月と共に天文部に入るが、ふたりは星を意識するようになり、次第に3人は微妙な三角関係に…。出演は「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の福原遥、「センセイ君主」の佐藤大樹、「心に吹く風」の鈴木仁、「ひだまりが聴こえる」の井桁弘恵。脚本を「映画 桜蘭高校ホスト部」の池田奈津子、音楽を「四月は君の嘘」の吉俣良が務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:地上最大のショウ
地上最大のショウの紹介:セシル・B・デミル監督によるサーカス団の豪華絢爛なショーを描いたドラマ映画。実在したサーカス団、リングリング・ブラザースをモデルにしており、チャールトン・ヘストンがサーカスを束ねる座長を演じた。主役の座を巡る争い、団員同士の三角関係、サーカス団の危機など、様々な物語を描いていく。第25回アカデミー賞では、作品賞と原案賞に輝いた。1952年アメリカ製作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:エンジェル見えない恋人
エンジェル、見えない恋人の紹介:姿の見えない少年と盲目の少女の恋物語を幻想的な映像で描いた青春ドラマ。ベルギーのアカデミー賞にあたるマグリット賞では、ヒロインの10代時代を演じたマヤ・ドリーが有望女優賞を受賞した。2016年ベルギー製作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:昼下りの情事
昼下りの情事の紹介:ビリー・ワイルダー監督、オードリー・ヘプバーン、ゲーリー・クーパー主演のロマンティックコメディ―。クロード・アネの小説を映画化した作品で、遊び人の実業家とパリの娘との恋をユーモラスに描いていく。「麗しのサブリナ」、「パリの恋人」に続き、ユベール・ド・ジヴァンシーがオードリー・ヘップバーンのために衣装を製作した。第10回全米脚本家組合賞では、コメディ部門の最優秀脚本賞を受賞した。1957年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:忘れないと誓ったぼくがいた
忘れないと誓ったぼくがいたの紹介:平山瑞穂の同名小説を村上虹郎、早見あかり主演で映画化し2015年に公開された作品です。周りの人から自分の存在を忘れ去られてしまう女性と同級生の恋を描いた作品となっており、哀しくも切ないラブストーリーとなっています。主題歌にはクリープハイプの「2LDK」が使われているほか、撮影は神奈川県秦野市で行われ、小田急線や街並みなども映画の中に登場しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:愛と死をみつめて
愛と死をみつめての紹介:1964年製作の日本映画。大島みち子、河野実の書簡集を「越後つついし親不知」の八木保太郎が脚色「鉄火場破り」の斎藤武市が監督した青春もの。撮影もコンビの萩原憲治。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:エブリデイ
エブリデイの紹介:2018年にアメリカで公開された恋愛映画作品。日本では劇場未公開だったが、Amazonプライムビデオで配信されている。「君への想い」で監督を務めたマイケル・ルーシーが監督を務めている。ヒロインのリアノンを演じたのはマーベル・シネマティック・ユニバース版の「スパイダーマン」シリーズでベティ役を演じて一躍知名度を上げたアンガーリー・ライス。「スパイダーマン」シリーズでライスと共演しているジェイコブ・バタロンも出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます