SF映画のネタバレあらすじ一覧

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

アタック・オブ・ザ・ジャイアントティーチャーの紹介:2019年製作の日本映画。 特撮ドラマ「ウルトラマンギンガ」シリーズや『ゲームマスター』などの石井良和が監督を務めた特撮ムービー。真面目な高校教師が巨大化し、突如現れた宇宙人と戦う。キャストは『カムイ外伝』などの小嶋マコト、『ゲームマスター』に出演した豊田崇史や藤田健彦をはじめ、『悪い女はよく稼ぐ』などの長谷直美らが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
エイリアン:ダーク・プロジェクトの紹介:2019年製作のカナダ映画。1947年7月、ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したエイリアンとUFOが米軍によって回収された。その時、ある女性が一人の女の子を生む。そこから約100年の時を越え、ついに“奴ら"の侵略が始まる…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アバター2:ウェイ・オブ・ウォーター
アバター:ウェイ・オブ・ウォーターの紹介:2022年12月16日公開のアメリカ映画。神秘な惑星パンドラを舞台に、人類とパンドラの先住民のDNAを組み合わせるアバター・プロジェクトを取り巻く物語を描いた『アバター』の続編。前作から約10年後の物語を、ジェームズ・キャメロンが監督、脚本、製作で続投し、サム・ワーシントンが主人公である元兵士のジェイクを、ゾーイ・サルダナが先住民の女性ネイティリを引き続き演じ、描きだす。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
マーズ/SETTLERS(2021年)の紹介:2021年製作のイギリス&南アフリカ合作映画。火星の居住地《コロニー》に住む、ある家族の運命を映し出すSFサバイバル・アクション。遠くない未来。人類は火星の開拓を開始、地球を捨てた移住者たちは各自の居住地《コロニー》で生活していた。ある日、辺境のコロニーに暮らす家族3人が何者かに襲われ……。出演は「CLIMAX クライマックス」のソフィア・ブテラ、「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のイスマエル・クルス・コルドバ。ワイアット・ロックフェラー監督による長編デビュー作。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて開催される『未体験ゾーンの映画たち2022』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
アクセル・フォールの紹介:2021年製作のオーストラリア映画。地上500mのエレベーターを舞台に繰り広げられる脱出スリラー。アリアが目覚めると、急降下を繰り返す超高層ビルのエレベーターのなかで、目隠しされ手を縛られていた。壁のモニターには拷問される父の映像。彼女はエレベーターを脱出し、父を救えるのか? 出演は、ドラマ『タイドランド』のシャーロット・ベスト、「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」のジョニー・パスボルスキー。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田『未体験ゾーンの映画たち2022』で上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「シャークネード」シリーズなどのB級映画や、ヒット作の「パクリ映画」などで知られるアサイラム社の製作した、SFアクション映画です。銀河系を支配し独裁を続ける「惑星連合」に立ち向かう反乱軍の抵抗を、アサイラムらしい低予算で描いています。邦題からすると『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のパクリにも思えますが、原題は「BATTLE STAR WARS」で、より『スター・ウォーズ』に寄せた内容になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「シャークネード」シリーズなどでお馴染みの、数々のB級映画やパロディ映画を送り出して来たアサイラム社製作による、SFアクション作品です。1947年に起きた「ロズウェル事件」が、実際に人類がエイリアンと遭遇した事件だと仮定して、米軍の中に異星人対策部署が創設されているという設定の元、飛来した凶悪なエイリアンと戦う兵士たちの活躍を描いています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:TANG タング

映画「TANG タング」のネタバレあらすじ結末

SF映画

TANG タングの紹介:2022年8月11日公開の日本映画。ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、ダメ男とぽんこつロボットの冒険を描く小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」を実写映画化。ゲーム三昧で妻にあきれられてしまうダメ男の健を『浅田家!』の二宮和也、健の妻をドラマ「カルテット」の満島ひかりが演じる。『思い、思われ、ふり、ふられ』の三木孝浩が監督を、『羊と鋼の森』の金子ありさが脚本を務めた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
ジュラシック・ワールド/新たなる支配者の紹介:2022年7月29日公開のアメリカ映画。巨匠スティーヴン・スピルバーグが生みだした大ヒットシリーズの通算6作目にして、「ジュラシック・ワールド」3部作の完結編。『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウがメガホンをとり、主人公のオーウェン役のクリス・プラット、クレア役のブライス・ダラス・ハワードがそれぞれ続投する。ローラ・ダーン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラムら「ジュラシック・パーク」シリーズの面々が再登場を果たす。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「T-NET/タイムネット」のネタバレあらすじ結末

SF映画

2020年製作のイタリア映画で、イタリアの片田舎で時空に関する研究を続けていた科学者が、思いがけずタイムマシンを開発してしまったことから巻き起こる、時間移動トラブルを描いたSF作品です。開発していた機械が、知らないうちにタイムマシンになっていたというのが物語のミソで、時間移動により何が起こるかわからない不確定さがサスペンス性を高めています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2014年製作のアメリカ映画で、高速道路の拡張工事により生まれ育った町を離れなければならなくなった少年たちが、「最後の思い出に」と出かけたことが、思いがけない冒険に繋がっていく・・・!という、SFジュブナイルと言える内容の作品です。「E.T.」や「SUPER8/スーパー8」を思わせるような少年たちの冒険譚に加え、「スタンド・バイ・ミー」的な少年時代の切ない思い出が描かれた良作になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
いま、会いにゆきますの紹介:2004年製作の日本映画。死んだはずの妻と再会し、奇妙な共同生活を送るという同名小説の映画化。監督は「ビューティフルライフ」や「GOOD LUCK!!」など数々のヒットドラマをてがけた土井裕泰。主演にはドラマや映画で引っ張りだこの竹内結子が初の母親役に挑み、その夫を歌舞伎界の革命児こと中村獅童が扮する。シンプルでまっすぐな家族愛に目頭が熱くなること必見の感動作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:シン・ウルトラマン
1966年に放映された特撮ドラマ「ウルトラマン」、M78星雲からやってきた異星人の一見、普通の男性が謎の怪人と「ウルトラマン」という謎のヒーローに扮して地球を守るというストーリー。 キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」「空想と浪漫。そして、友情。」、主演は斎藤工。監督は「エヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明制作の「空想特撮映画」。円谷プロダクション、東宝、カラーが共同で製作している。2022年5月劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスの紹介:2022年5月4日公開のアメリカ映画。元天才外科医にして最強の魔術師を主人公とする『ドクター・ストレンジ』の続編で、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のその後を描くファンタジック・アクション。監督を「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミが務める。主演のベネディクト・カンバーバッチのほか、ベネディクト・ウォン、レイチェル・マクアダムスが続投。また、エリザベス・オルセンが演じるスカーレット・ウィッチことワンダも登場する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×