SF映画のネタバレあらすじ一覧

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

「シャークネード」シリーズなどのB級映画や、ヒット作の「パクリ映画」などで知られるアサイラム社の製作した、SFアクション映画です。銀河系を支配し独裁を続ける「惑星連合」に立ち向かう反乱軍の抵抗を、アサイラムらしい低予算で描いています。邦題からすると『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のパクリにも思えますが、原題は「BATTLE STAR WARS」で、より『スター・ウォーズ』に寄せた内容になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「シャークネード」シリーズなどでお馴染みの、数々のB級映画やパロディ映画を送り出して来たアサイラム社製作による、SFアクション作品です。1947年に起きた「ロズウェル事件」が、実際に人類がエイリアンと遭遇した事件だと仮定して、米軍の中に異星人対策部署が創設されているという設定の元、飛来した凶悪なエイリアンと戦う兵士たちの活躍を描いています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:TANG タング

映画「TANG タング」のネタバレあらすじ結末

SF映画

TANG タングの紹介:2022年8月11日公開の日本映画。ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、ダメ男とぽんこつロボットの冒険を描く小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」を実写映画化。ゲーム三昧で妻にあきれられてしまうダメ男の健を『浅田家!』の二宮和也、健の妻をドラマ「カルテット」の満島ひかりが演じる。『思い、思われ、ふり、ふられ』の三木孝浩が監督を、『羊と鋼の森』の金子ありさが脚本を務めた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
ジュラシック・ワールド/新たなる支配者の紹介:2022年7月29日公開のアメリカ映画。巨匠スティーヴン・スピルバーグが生みだした大ヒットシリーズの通算6作目にして、「ジュラシック・ワールド」3部作の完結編。『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウがメガホンをとり、主人公のオーウェン役のクリス・プラット、クレア役のブライス・ダラス・ハワードがそれぞれ続投する。ローラ・ダーン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラムら「ジュラシック・パーク」シリーズの面々が再登場を果たす。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「T-NET/タイムネット」のネタバレあらすじ結末

SF映画

2020年製作のイタリア映画で、イタリアの片田舎で時空に関する研究を続けていた科学者が、思いがけずタイムマシンを開発してしまったことから巻き起こる、時間移動トラブルを描いたSF作品です。開発していた機械が、知らないうちにタイムマシンになっていたというのが物語のミソで、時間移動により何が起こるかわからない不確定さがサスペンス性を高めています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2014年製作のアメリカ映画で、高速道路の拡張工事により生まれ育った町を離れなければならなくなった少年たちが、「最後の思い出に」と出かけたことが、思いがけない冒険に繋がっていく・・・!という、SFジュブナイルと言える内容の作品です。「E.T.」や「SUPER8/スーパー8」を思わせるような少年たちの冒険譚に加え、「スタンド・バイ・ミー」的な少年時代の切ない思い出が描かれた良作になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
いま、会いにゆきますの紹介:2004年製作の日本映画。死んだはずの妻と再会し、奇妙な共同生活を送るという同名小説の映画化。監督は「ビューティフルライフ」や「GOOD LUCK!!」など数々のヒットドラマをてがけた土井裕泰。主演にはドラマや映画で引っ張りだこの竹内結子が初の母親役に挑み、その夫を歌舞伎界の革命児こと中村獅童が扮する。シンプルでまっすぐな家族愛に目頭が熱くなること必見の感動作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:シン・ウルトラマン
1966年に放映された特撮ドラマ「ウルトラマン」、M78星雲からやってきた異星人の一見、普通の男性が謎の怪人と「ウルトラマン」という謎のヒーローに扮して地球を守るというストーリー。 キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」「空想と浪漫。そして、友情。」、主演は斎藤工。監督は「エヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明制作の「空想特撮映画」。円谷プロダクション、東宝、カラーが共同で製作している。2022年5月劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスの紹介:2022年5月4日公開のアメリカ映画。元天才外科医にして最強の魔術師を主人公とする『ドクター・ストレンジ』の続編で、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のその後を描くファンタジック・アクション。監督を「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミが務める。主演のベネディクト・カンバーバッチのほか、ベネディクト・ウォン、レイチェル・マクアダムスが続投。また、エリザベス・オルセンが演じるスカーレット・ウィッチことワンダも登場する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ドクター・ストレンジの紹介:2017年製作のアメリカ映画。元天才外科医の魔術師という異色のヒーロー、ドクター・ストレンジをベネディクト・カンバーバッチが演じるアクション。人智を超えた力を手に入れた主人公が世界を滅亡から救うために強大な敵に立ち向かっていく姿が描かれる。『地球が静止する日』のスコット・デリクソンが監督を務め、高層ビルや街が曲がったりする驚愕の映像で魅せる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年製作の、カザフスタン・ブルガリア合作による、SFアクション映画です。世界大戦が勃発した近未来で、最強の兵士として開発した豚と人間の結合種が反乱を起こし、人類が「豚人間」によって支配されるようになり、人間を家畜として扱う豚人間に戦いを挑む戦士の葛藤を描いた作品になっています。カザフスタン製作という珍しい映画ですが、『マチェーテ』などで知られるダニー・トレホが、主人公の父親役でゲスト出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「コズミック・シン」のネタバレあらすじ結末

SF映画

コズミック・シンの紹介:2021年製作のアメリカ映画。エドワード・ドレイクが監督し、ブルース・ウィリスとフランク・グリロが主演した。 本作は、人類が宇宙に進出してから400年後にあたる2524年を舞台に、ウィリス演じる将軍ジェームズ・フォードが仲間たちと協力して、宇宙人との星間戦争の回避に向けて奔走する様子が描かれている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「PK(ピーケイ)」のネタバレあらすじ結末

SF映画

PKの紹介:2014年製作のインド映画。「きっと、うまくいく」のラージクマール・ヒラニ監督と主演のアーミル・カーンが再タッグを組んだ笑いと涙のドラマ。インドのTV局で働くジャグーは、自身の願いを聞き入れてくれる神を探す“PK”と名乗るユニークな男と出会い、番組に出演させるのだが……。共演は「命ある限り」のアヌシュカ・シャルマ、『アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター』のサンジャイ・ダット。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:デンジャー・ゾーン
2021年公開のアメリカのSF映画。監督は「Evil」や「ポゼッション」などのミカエル・ハフストローム。主演に「アヴェンジャーズ」シリーズなどのアンソニー・マッキー。共演に、ダムソン・イドリス。 ドローン操縦士のハープは、戦闘中、命令を無視して独断で攻撃をして結果、38名の兵士の命を救うが2名の兵士が亡くなってしまい、命令違反を追及されて、前戦へと送られてしまう。そこではリオ大尉の元へ着くようにと指示を受けていたが、リオ大尉は米軍が極秘に開発したサイボーグだった。戸惑うハープだったが、人間よりも感情の機微に敏感なリオにだんだんと心を許して作戦を実施していく。ところがその作戦は、軍の命令ではなく、リオの独断で行われていることに気づいたハープだったが、命令の逆説を逆手に取られて、リオを止めることができなくなっていた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×