SF映画のネタバレあらすじ一覧

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

映画:エイリアンドミサイル
エイリアン・ドミサイルの紹介:2018年に制作されたアメリカの映画です。原題は「Alien Domicile 2: Lot 24」で、いわゆる第2作目にあたります。第1作目にあたる「Alien Domicile」は「エイリアンZ 超感染」という邦題がつけられています。とはいえキャラクターやストーリーは全く異なり、そのうえ監督や制作会社も別々です。共通点と言えばエイリアンくらいのもので、全然別物と考えて良いでしょう。ちなみに「ドミサイル」は住まいという意味です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ヴァイラス
ヴァイラスの紹介:1999年に公開されたアメリカのSF映画です。ダークホースコミックスの「ヴァイラス」を原作とした映画になっており、船という閉鎖的な空間の中で未知の生命体に襲われるというストーリーになります。本作の主演を務めるのは、ホラー映画「ハロウィンシリーズ」でお馴染みの絶叫クイーンことジェイミー・リー・カーティスです。他にも「バックドラフト」のウィリアム・ボールドウィン、名脇役として有名なドナルド・サザーランドなども出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:フォースプラネット
フォース・プラネットの紹介:2016年に制作されたアメリカのSF映画です。人類移住計画のため、火星への任務にたった1人で挑むことになった主人公の孤独な物語となります。火星自体はほとんど登場せず、基本的には宇宙船内で起こる様々なアクシデントを描いています。主役を演じているのは「キック・アス」や「キングスマン」等に出演しているマーク・ストロングです。さらに「チャーリーズ・エンジェル」のルーク・ウィルソン、「エイリアンVSプレデター」のサナ・レイサンが脇を固めています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:キングコング対ゴジラ
キングコング対ゴジラの紹介:1962年に公開された作品。世界的に有名な怪獣のゴジラが出演する『ゴジラシリーズ』の第3作目にあたる作品である。前作『ゴジラの逆襲』から約7年振りとなる作品であり、シリーズ初のカラー製作となった。当時キングコングの権利を所有していたRKO社とのライセンス契約によって実現した。監督を務めたのは、一作目『ゴジラ』以来の監督となる本多猪四郎。特撮部分の監督は『ウルトラマン』生みの親として知られる円谷英二。また、一作目で芹沢博士を演じた平田明彦が重沢博士役で出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ゴジラの逆襲
ゴジラの逆襲の紹介:1955年に公開された作品。世界的に有名な怪獣であるゴジラが登場する『ゴジラ』シリーズの第2作目にあたる作品である。1954年11月3日に公開された記念すべき第一作目『ゴジラ』の大ヒットを受け、それからわずか半年で公開となった続編。前作で東京に現れたゴジラが今度は大阪湾に出現する。前作の監督である本多猪四郎に代わって監督を務めたのは小田基義。特技監督には円谷英二がクレジットされている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:コクーン
コクーンの紹介:ロン・ハワード監督によるSFファンタジー。老人ホームに暮らす人々と異星人の交流をユーモラスに描いていく。第58回アカデミー賞では、助演男優賞と視覚効果賞に輝いた。1985年アメリカ製作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アストロ
アストロの紹介:2018年にアメリカで制作されたSFサスペンス映画です。主演は元キックボクサーのゲイリー・ダニエルズで、日本でもお馴染みの漫画「北斗の拳」の実写映画でケンシロウ役を務めたことで話題になった人物です。その他、「シティー・ハンター」でジャッキー・チェンと共演するなど、経歴を生かしたアクションで活躍しています。もちろんこの映画でもゲイリーダニエルズのアクションは炸裂しており、その点も見どころの一つだと言えるでしょう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:復活の日
復活の日の紹介:1984年に公開された日本の映画です。大御所SF作家の小松左京氏が1964年に書き下ろした小説「復活の日」を原作にしており、総製作費は25億円か32億円とも言われています。日本人や外国人キャストが共演する超大作映画となっており、実際に南極でロケが行われています。35mmムービーカメラで南極を撮ったのは本作が初とされており、アラスカやチリ、マチュピチュ遺跡など大掛かりなロケが行われました。さらには本物の潜水艦も撮影に使用されています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ゴーストオブマーズ
ゴースト・オブ・マーズの紹介:「ハロウィン」や「遊星からの物体X」などを手掛けた、ジョン・カーペンター監督によるSFアクション・ホラーです。人類が移住を始めた火星で、火星に住み着いていた「邪悪な存在」と対決することになるヒロインとその一行の激闘ぶりを描いています。「トランスポーター」に出演する前のジェイソン・ステイサムが出演しているのも見どころのひとつです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:OSIRISオシリス
OSIRIS/オシリスの紹介:人類が外宇宙への移住を始めた未来の世界で、移住先のひとつとなった惑星オシリスで、収監されていた凶悪犯たちが脱獄するという事件が発生。主人公はパニックに陥るオシリスの首都から、愛する娘を救出しようと奔走する・・・というSF映画で、登場人物の秘められた過去が徐々に明らかになっていく構成になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スターシップトゥルーパーズ2
スターシップ・トゥルーパーズ2の紹介:ポール・バーホーベン監督による第一作から9年後に製作された続編で、監督は前作でCGアニメを担当したストップ・モーションアニメの名手、フィル・ティペットが務めています。前作の主要登場人物は出演しませんが、連邦政府による戦気高揚CMを挿入した構成などは、前作をそのまま受け継いでいます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スターシップトゥルーパーズ3
スターシップ・トゥルーパーズ3の紹介:フィル・ティペット監督によるパート2から4年後に製作された3作目で、前2作でも脚本を担当したエド・ニューマイヤーが、本作の監督を務めています。1作目の主人公ジョニー・リコが再登場し、前2作では映像化されなかった「パワードスーツ」がシリーズ初お目見えすることで話題になりました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:セレニティー
セレニティーの紹介:視聴率低迷のため打ち切りになってしまった、「西部劇テイストのスペースSF」と言われるTVシリーズ「ファイヤーフライ 宇宙大戦争」の映画版で、熱狂的なファンの後押しを得て、TVシリーズを監修したジョス・ウェドンがそのまま本作の監督を務めました。本作の後に「ターミネーター:サラ・コナーズ クロニコル」のアンドロイド役でブレイクしたサマー・グローが、謎めいた少女を熱演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ターミネーター(ニューフェイト)
ターミネーター:ニュー・フェイトの紹介:2019年11月8日公開のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロン製作による「ターミネーター2」の正統とされる続編。21歳のダニーと弟がターミネーター“REV-9”の襲撃を受ける。2人を守ったのは、未来から送り込まれた強化型兵士グレースだった。そしてサラ・コナーが現れ、REV-9と死闘を展開する。監督は、「デッドプール」のティム・ミラー。出演は、前2作でもサラを演じたリンダ・ハミルトン、ターミネーターを演じたアーノルド・シュワルツェネッガーの他、「タリーと私の秘密の時間」のマッケンジー・デイヴィス、TVドラマ『エージェント・オブ・シールド』のガブリエル・ルナ。通作6作目。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます