サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

10×10 テン・バイ・テンの紹介:2018年製作のイギリス映画。ルーク・エヴァンス主演、激しい復讐心に囚われた男と恐ろしい秘密を抱える女のバイオレンススリラー。ルイスは花屋を営むキャシーを誘拐。さらにルイスは、自ら作成した10×10フィートの防音室にキャシーを閉じ込め、抵抗する彼女にあることを要求する…。

ネタバレを読む

嘘を愛する女の紹介:2018年1月20日公開の日本映画。新たな才能の発掘を目的とした“TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015”のグランプリ作品を、長澤まさみ&高橋一生の主演で映画化したラブストーリー。5年も同棲していた恋人がある日突然、病で意識不明となり、職業だけでなく名前までもが嘘だったと知ったヒロインが、彼の秘密に迫っていく姿がミステリアスにつづられる。

ネタバレを読む

ガンズ&ゴールドの紹介:2014年に公開されたオーストラリア映画で、ユアン・マクレガーやアリシア・ヴィキャンデルらが出演したクライムサスペンス。刑務所で知り合った強盗犯から、ノウハウを教えられた若者が、彼と共に裏社会を支配するマフィアと攻防を繰り広げていく様を描いている。

ネタバレを読む

手紙は憶えているの紹介:2015年に公開されたカナダ・ドイツ映画で、アトム・エゴヤンが監督を務め、クリストファー・プラマー主演で贈るサスペンス。記憶が消えたり戻ったりする90歳の男性が、友人に書き出してもらった自分の決意の手紙を受け取り、家族を殺したナチス兵士へ復讐に向かう姿を描いている。

ネタバレを読む

不能犯の紹介:2018年2月1日公開の日本映画。グランドジャンプ連載の人気コミックを松坂桃李主演で映画化したサイコスリラー。赤く光る目で見つめるだけで人の心を操る男、宇相吹と、その力が唯一効かない刑事の多田との対決の行方が描かれる。

ネタバレを読む

不能犯 dTVオリジナルドラマ2巻完結の紹介:2017年12月22日配信の日本テレビドラマ。映画『不能犯』劇場公開に先駆けて、オリジナルドラマが配信、地上波にて放送された。映画本編の序盤で殺害される、木島ファイナンスの社長・木島に関係する殺人事件と、宇相吹の暗躍が描かれる。

ネタバレを読む

不能犯 dTVオリジナルドラマ1巻の紹介:2017年12月22日配信の日本テレビドラマ。映画『不能犯』劇場公開に先駆けて、オリジナルドラマが配信、地上波にて放送された。映画本編の序盤で殺害される、木島ファイナンスの社長・木島に関係する殺人事件と、宇相吹の暗躍が描かれる。

ネタバレを読む

S.W.A.T.ユニット887 24時間の奪還作戦の紹介:2014年に製作されたアメリカ映画で、トム・サイズモアやミーシャ・バートンらが出演したサスペンスアクション。生物兵器によるテロを計画した犯罪者に立ち向かう、SWAT隊員の活躍を描いている。

ネタバレを読む

バッド・ルーテナントの紹介:2009年に公開されたアメリカ映画で、ヴェルナー・ヘルツォークが監督を務めたサスペンス。マーク・アイシャムが音楽を担当し、ニコラス・ケイジ主演で贈る今作。裏の顔を持つ悪徳刑事が、殺人事件の捜査を指揮することになり、思わぬ方向へ事態が進んでいく様を描いている。

ネタバレを読む

サード・パーソンの紹介:2013年のドラマ映画。監督・脚本は「ミリオンダラー・ベイビー」などで知られるポール・ハギス。主演はリーアム・ニーソン。ニューヨーク、パリ、ローマを舞台にした群像劇。日本公開は2014年。

ネタバレを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリックの紹介:2016年公開のアメリカ映画。奇想天外なマジックやショーと、不可能とも思える強盗を同時に行う、4人組のイリュージョニスト集団、フォー・ホースメンの活躍を描くサスペンス。ハイテク企業の不正を暴こうと新たなショーに挑むホースメンが、巨大な陰謀に巻き込まれていくさまがつづられる。

ネタバレを読む

クロッシングの紹介:2009年に公開されたアメリカ映画で、アントワーン・フークアが監督を、マーセロ・ザーヴォスが音楽を務めた作品。リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードル主演で贈るクライムサスペンス。犯罪多発地域を舞台に、麻薬捜査官、定年間近の警官、危険な任務につく潜入捜査官の3人の姿を軸に描いている作品。

ネタバレを読む

帰ってきたバスジャックの紹介:2017年7月8日公開の日本映画。お笑いコンビ『ココリコ』の遠藤章造主演作「バスジャック」の続編。ツアー会社の添乗員・小宮は仕事で失敗が続き、上司からクビを宣告されるが、同僚の一言で最後のチャンスが舞い込む。それは、小宮がバスジャック犯を演じるミステリーツアーの企画だった…。

ネタバレを読む

泥棒成金の紹介:1955年にアメリカで製作されたアルフレッド・ヒッチコック監督によるロマンティックスリラー。デビッド・ドッジ の同名小説をケーリー・グラント、グレイス・ケリー主演で映画化、南フランスで多発する宝石泥棒事件の謎を描いていく。第28回アカデミー賞ではカラー撮影賞を受賞した。

ネタバレを読む